2019年11月アーカイブ

令和1年12月15日(日曜日)に、東京大学弥生講堂一条ホールにて、一般社団法人日本心理学諸学会連合主催のシンポジウム『諸分野からの公認心理師への期待』を開催いたします。参加費無料でどなたも参加できますので、ご関心のある方はどうぞ足をお運びください。

sympo2019.png

リクルートワークス研究所から取材を受けました。

人が「生き生きと働く」とはどのような状態か、そのために何が必要かをテーマにリクルートワークス研究所が研究を進めています。様々な分野の専門家の研究視座から「生き生き働く」像を語るというテーマの中で、私の主要な研究テーマの一つである論理療法についてお話しました。

第13回 「論理療法」石隈利紀

 

石隈先生3.jpg

基本的に、私はビリーフ大歓迎。
硬すぎれば柔らかくすればいいという話で、
打ち消すものではありません。
ですから私は、自分のビリーフを愛おしみつつ、
柔らかくするという意味で
「ソフトな論理療法」を実践しているんですよ。

――石隈利紀