研修会のご案内 「子どもの感情コントロールと複雑性トラウマ」

日本学校心理学会主催の研修会を下記のとおり行いますので、ぜひともご参加ください。
事前参加申込はございませんので、当日会場までお越し下さい。

演題:
子どもの感情コントロールと複雑性トラウマ
-事例を通してみえてくるもの-
講師:
国立大学法人東京学芸大学教育心理学講座教授
大河原 美以 先生
日時:
令和2年2月11日(火・祝)13:30~16:30(受付12:30~)
場所:
筑波大学 東京キャンパス文京校舎 地下1階多目的講義室
東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅下車  徒歩3分
参加費:
会員...1,000円,非会員...3,000円
学生参加 可 会員...1,000円,非会員...2,000円
協賛:
放送大学東京文京学習センター

 「発達障害」「愛着障害」といった名称で、感情コントロールできない状態にある子どもたちを分類するとき、そこには子どもたちがどんな人生を生きてきたのかという視点が失われがちです。虐待などの不適切な養育環境が子どもの複雑性トラウマを生み出すということはよく知られるようになりました。今回の研修会では、乳幼児期の病気や手術といった体験が最初のトラウマ体験となり、その後の悪循環の中で「暴力をふるう子ども」になってしまっている子どもたちに焦点をあてたいと思います。感情コントロールの脳機能の育ちとその回復について、教育関係者の方に知っておいていただきたいことを、事例を通して、わかりやすくご説明したいと思います。

会場までの地図(筑波大学東京キャンパス文京校舎)

tsukuba.png