日本学校心理学会の第57回研修会を下記のとおり行いますので、ぜひともご参加ください。

事前参加申込はございませんので、当日会場までお越し下さい。

「家庭や学級で語り合う スマホ時代のリスクとスキル」

講師:
兵庫県立大学環境人間学部准教授
竹内 和雄 先生
日時:
平成31年4月29日(月・祝)13:30~16:30(受付12:30~)
場所:
筑波大学 東京キャンパス文京校舎 地下1階多目的講義室
東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅下車  徒歩3分
http://schoolpsychology.jp/workshop/index.html
参加費:
会員...1,000円,非会員...3,000円
学生参加 可 会員...1,000円,非会員...2,000円
協賛:
放送大学東京文京学習センター

 ネット依存、高額課金、出会い系サイト...。マスコミでは連日、子どもとネット問題が報道されています。最近、子どものネット使用がますます複雑になってきていて、対応がさらに難しくなっています。今回は、子どもに今何が起こっていて、どういう対策が必要かについてお話ししたいと思っています。「低年齢化」「高性能化」「動画化」をキーワードに会場全体で考える機会にしたいと思います。

*本研修は、学校心理士資格更新の際のポイント(B1種)として申請中です。
*学校心理士のポイントを希望される方は,研修会の遅刻・早退は原則認められません。

ソフトドリンクパーティー開催(新企画)16:30~17:30
 研修会終了後4階438ラウンジにてソフトドリンクパーティーを開催します。研修会参加者で,楽しくお話ができるパーティーです。石隈理事長も参加予定です。定員30名です。当日受付で申込順となります。参加費は500円です(会員,非会員同額)。

 2019年 3/23(土)・3/24(日) 明治安田こころの健康財団 講義室にて「子どもの援助のための「怒り・落ち込み」と上手につきあう方法<中級>」の研修を開催します。

 今回の研修では、「怒り」「落ち込み」の基盤にあるビリーフや不安、怒り、落ち込みをめぐる悪循環について、そして悪循環を修正する方法について学びます。自分を大切にする方法についての学習です。今回も、アドバンスコースとして企画しました。「子どもの感情の育ち」についての新しいモデルを構築された大河原美以先生と「論理療法(認知行動療法)」に熟達したカウンセラーである家近早苗先生をお迎えして、3人で行うワークショップです。「笑いと涙」ありの二日間にしたいと思っています。「中級」の講座ですので、参考書、「子どもの感情コントロール と心理臨床」(大河原美以著、日本評論社)、「やわらかに生きる-論理療法と吃音に学ぶ」(石隈利紀著、金子書房)を読んで参加していただけることをすすめます。

 本研修は「学校心理士」単位認定研修会です。詳細は,明治安田こころの健康財団ホームページ https://www.my-kokoro.jp/ をご覧ください。

meijiyasuda.png

2014年11月22日(土)13:00~筑波大学大学会館特別会議室にて「能力アップを実現する方眼ノート」の講演会を開催します。
つくばで、今話題の講師から直接学べるこの貴重なチャンスをぜひお見逃しなく!

詳細はhttp://www.tsukuba-kodomo.net/をご覧ください

方眼ノートチラシ筑波大生バージョン.jpg

平成25年1月25日、プロ野球解説者工藤公康氏と石隈が対談します!
学校の先生、保護者、みなさまのご来場をお待ちしています。
QS_20140105-162307.png



QS_20140106-175339.png