<1> 学位論文

 

Ishikuma, T. 1990 A cross-cultural study of Japanese and American children's intelligence from a sequential-simultaneous perspective. University of Alabama. Ann Arbor, MI: University Microfilms International.

 

 

 

<2> 学術雑誌論文

 1.  学校心理学・学校心理士関連

1. 1. 学校心理学

石隈利紀 2019 チーム学校で促進する学校メンタルヘルス ~学校心理学の立場 学校メンタルヘルス研究

石隈利紀 2018 日本における学校教育および心理学の動向と学校心理学・学校心理士の展望 日本学校心理士会年報,10,4-16

石隈利紀 2012 みんなの援助が一人の援助 ―どのように一次的援助サービスが二次的援助サービス・三次的援助サービスの土台になるか 学校心理学研究, 12, 73-82. 特別寄稿論文

石隈利紀 2004 学校心理学とその動向 ―心理教育的援助サービスの実践と理論の体系をめざして― 心理学評論, 47, 332-347.

石隈利紀 1997 学校心理学に基づくスクールカウンセリング ―ー人ひとりの児童生徒を生かす学校教育をめざして― 教育心理学年報 40-44.

石隈利紀 1996 学校心理学の概要と今日的意義 応用教育心理学研究, 12, 1-7.

石隈利紀 1996 学校心理学に基づく学校カウンセリングとは カウンセリング研究, 29, 226-239.

 

1.2. 学校心理士

石隈利紀・小野瀬雅人・大野精一・松村茂治・橋本創一 2010 学校心理士をどう養成するか―大学院における関連科目新基準「誕生」の過程と意義― 日本学校心理士会年報, 2, 5-18

Ishikuma, T 2003 Policy and direction of development of counseling profession in Japan. Konvensi National Bimbingan Dan Kouseling (Proceeding of National Convention on Guidance and Counseling), 18-22.

今田里佳・後藤正幸・吉川領一・石隈利紀 2001 生徒支援における専門性を活かした役割分担と連携 ―学校心理学に基づくスクールカウンセラーの実践― 信州大学教育学部附属教育実践総合センター紀要教育実践研究, 2, 1-12.

石隈利紀 1996 何がスクールカウンセラーの役割と機能に影響を与えるか ―日本におけるスクールカウンセラーのあり方をめぐって― 筑波大学臨床心理学論集, 11, 1-3.

石隈利紀 1996 日本の学校教育におけるスクールカウンセラーの現状と課題 ―学校心理学の視点からスクールカウンセラーの事例を検討する― こころの健康, 11, 36-48.

石隈利紀 1994 スクール・サイコロジストと学校心理学 ―学校教育への新しいアプローチをめざして― 教育心理学年報, 33, 144-154.

石隈利紀 1993 LDの援助システム―スクール・サイコロジストの立場から ― LD(学習障害)― 研究と実践, 1, 53-62.

 

1. 3. 特別支援

石隈利典 2015 発達障害者のニーズと理解~学校教育における援助に焦点をあてて~ 心と社会, 日本精神衛生会, 160, 50-56.

兒玉裕巳・石隈利紀 2014 軽度知的障害のある中学生の学校適応に対する援助:学校移行期を中心に、アセスメントとチーム援助を活用して 教育相談研究, 51, 13-23.

石隈利紀 2012 発達障害のある子どもの「心の危機」と「学習」の支援 ―大震災における子ども・学校支援を進めながら― LD研究, 21, 2-8.

前川久男・石隈利紀・藤田和弘・松原達哉 1988 情報処理様式による障害児童の評価と指導 ―Kaufman Assessment Battery for Children (K-ABC)による― 養護・訓練研究, 1, 62-72.

石隈利紀 2010 高等学校における特別支援教育 ―学校心理学の立場から― LD研究, 19 (3), 198-204.

石隈利紀・上村恵津子 2002 IEP作成プロセスにおける保護者の参加に関わる研究の動向 ―過去10年間の米国の論文のレビューから― 筑波大学心理学研究, 24, 221-230.

石隈利紀 2001 不登校児やLD(学習障害)児のための援助チームに関する研究 ―小学校におけるスクールカウンセラーの効果的な活用をめざして― 安田生命社会事業団研究助成論文集, 36, 18-28

上村恵津子・石隈利紀・永松裕希 2001 養護学校における「個別の指導計画」の作成に関する研究 教育相談研究, 39, 11-17.

上村恵津子・石隈利紀 2001 教師からのサポートの種類と父親のとらえ方の関係 ―特別な教育ニーズを持つ子どもの父親に焦点を当てて― LD研究, 10 (1), 59-69.

石隈利紀・上村恵津子 2001 障害児を持つ親に関する研究の動向 ―教師からの有効な支援の方法を探る視点から― 筑波大学心理学研究, 23, 187-199.

上村恵津子・石隈利紀 2000 教師からのサポートの種類とそれに対する母親のとらえ方の関係に関する研究―特別な教育ニーズを持つ子どもの母親に焦点を当てて― 教育心理学研究, 48(3), 284-293

石隈利紀・宮本友弘・小野留美子 2000 養護教諭の心理教育的援助サービス 教育相談研究, 38, 49-60.

石隈利紀・永松裕希・今田里佳 1999 アメリカ合衆国における個別教育計画(IEP)に基づく特殊教育サービス―学校心理学の枠組みから― 特殊教育学研究, 37 (2), 81-91 -34.

石隈利紀 1994 IEP(個別教育プログラム)に基づく教育を実践するために ―教師のスキル向上と学校の支援体制の整備をめざして― 神奈川県第二教育センター研究報告書(サポート), 1, 47-51.

 

2. 心理教育的援助サービス 

2.1. 学校組織とマネジメント

松浦正一・石隈利紀 2018 学校危機における緊急支援に関する文献研究―災害による学校危機に関する文献から見えてくる緊急支援のありかたー 聖マリアンナ医学研究誌,18

西山久子・石隈利紀・大野精一・Pfohl, W.  2016 欧州におけるクライシスマネジメントの基盤づくりにむけた専門性向上の取り組み-ESPCTによるSchool Psychologist向け研修から 日本学校心理士会年報, 8, 123-131.

山口豊一・水野治久・本田真大・石隈利紀 2015 学校コミュニティにおける心理職活用システムの開発に関する研究-学校の管理職及びミドルリーダーに焦点を当てた尺度開発を通して- コミュニティ心理学研究, 19(1), 77-93.

大澤薫・家近早苗・石隈利紀 2013 中学教師の同僚や管理職に対するとらえ方が教育活動のモラールに与える影響 教育相談研究, 50 , 9-23.

山口豊一・樽木靖夫・家近早苗・石隈利紀 2012 中学校におけるマネジメント委員会の機能がチーム援助体制及びチーム援助行動に与える影響 ―主任層に焦点をあてて― 日本学校心理士会年報, 4, 103-112.

山口豊一・石隈利紀・山本麻衣子 2011 中学校のマネジメント委員会に関する研究 ―「問題解決・課題遂行」機能に視点をあてて― 跡見学園女子大学文学部紀要 46, A93-106.

山口豊一・家近早苗・樽木靖夫・石隈利紀・山本麻衣子 2010 中学校のマネジメント委員会における機能の構造―学校の特徴との関連から 跡見学園女子大学文学部紀要, 45, 91-112.

山口豊一・石隈利紀  2010 中学校におけるマネジメント委員会に関する研究―マネジメント委員会機能尺度(中学校版)の作成― 日本学校心理士会年報, 2, 73-83.

山口豊一・家近早苗・樽木靖夫・石隈利紀 2010 中学校におけるチーム援助を促進する要因はなにか―学校組織を中心として― 教育相談研究, 47, 33-41.

山口豊一・石隈利紀 2009 中学校におけるマネジメント委員会の意思決定プロセスと機能に関する研究 日本学校心理士会年報, 1, 69-78.

山口豊一・石隈利紀 2006 中学校における学校マネジメント委員会にどのような機能があるか ―企画委員会を題材とした質的研究―  筑波大学学校教育論集, 29, 51-62

山口豊一・石隈利紀 2001 予防的教育相談の学校心理学的研究 ―A子への二次的援助サービスの実践を通して― 教育相談研究, 39, 1-9.

 

2.2. コーディネーション

藤井茂子・石隈利紀 2014 小学生の母子保健室登校における担任の心理的変容プロセス 教育相談研究, 51, 51-60.

藤井茂子・濱口佳和・石隈利紀 2014 小学生の母子保健室登校の実態についての調査―養護教諭の観察評定による調査を通して 日本学校心理士会年報, 6, 93-102.

相楽直子・石隈利紀 2012 養護教諭が行う援助チームのコーディネーションの検討 ―高校における生徒参加型の援助チームの事例を通して― 教育相談研究, 49, 9-18.

家近早苗・石隈利紀 2012 中学校教師の心理教育的援助サービスに関する意識変容尺度の開発―コーディネーション委員会への参加に焦点をあてて― 教育相談研究, 49, 33-41.

家近早苗・石隈利紀 2011 心理教育的援助サービスを支えるコーディネーション委員会の機能尺度(中学校版)の開発 ―学校全体の援助サービスの向上をめざして― 学校心理学研究, 11, 57-68.

家近早苗・石隈利紀 2011 心理教育的援助サービスのコーディネーションに関する展望と課題 教育相談研究, 48, 41-48.

家近早苗・石隈利紀 2011 生徒がとらえる心理教育的援助サービス尺度(中学生版) 日本学校心理士会年報, 3, 43-54.

鈴木敏広・石隈利紀 2011 ポジティブな面に注目した日記の開発とその活用が児童生徒の自己肯定感に及ぼす効果 学校教育論集, 33, 41-58.

瀬戸美奈子・石隈利紀 2010 システムレベルのコーディネーション行動が援助システムの活性化に与える影響 ―A中学校における実践事例を通して カウンセリング研究, 43 (4), 278-286.

相樂直子・石隈利紀 2011 養護教諭が行う援助チームにおけるコーディネーションの検討 : 保健室登校の事例を通して カウンセリング研究, 44 (4), 346-354.・

家近早苗・石隈利紀・岡村光幸・丹下真知子・横田隆・吉本恭子 2010 教師の心理教育的援助サービスに関する意識はコーディネーション委員会の参加によりどう変わるか ―学校に焦点をあてて― 日本学校心理士会年報, 2, 65-72.

家近早苗・石隈利紀 2008 学校の問題に対する教師の当事者意識に関する研究 教育相談研究, 45・46, 59-64.

家近早苗・石隈利紀 2007 中学校のコーディネーション委員会のコンサルテーションおよび相互コンサルテーション機能の研究 : 参加教師の体験から(実践研究) 教育心理学研究, 82-92.

家近早苗・石隈利紀 2007 中学校のコーディネーション委員会のコンサルテーションおよび相互コンサルテーション機能の研究 ―参加教師の体験から― 教育心理学研究, 55, 82-92.

相楽直子・石隈利紀  2005 教育相談のシステムの構築と援助サービスに関する研究 教育心理学研究, 53, 579-590.

家近早苗・石隈利紀 2003 中学校における援助サービスのコーディネーション委員会に関する研究 教育心理学研究, 51, 230-238.

瀬戸美奈子・石隈利紀 2002 高校におけるチーム援助に関するコーディネーション行動とその基盤となる能力および権限の研究―スクールカウンセラー配置校を対象として― 教育心理学研究, 50, 204-214.

大友秀人・石隈利紀 1992 集団行動に困難を示す小学生を指導する学級担任へのコンサルテーション ―学校心理学の枠組みから― 筑波大学臨床心理学論集, 8, 29-368.

 

2.3.  援助チーム

藤井茂子・石隈利紀・濱口佳和 2018 小学生の母子保健登校による養護教諭の心理変容モデルの構築―修正版グランテッド・セオリー・アプローチによる仮説モデルの生成―  カウンセリング研究,511),1426

石隈利紀 2017 「チーム学校」における心理教育的援助サービスー公認心理師の誕生と学校心理士のこれから 日本学校心理士会年報,9,5-20.

熊上藤子・石隈利紀 2016 「気になる子」に関する巡回相談が保育士の行動および保育所のチーム援助に与える影響 コミュニティ心理学研究,20(1),28-44

石隈利紀 2015 「子どもと学校の力を活かすチーム援助~養護教諭のコーディネーションに焦点をあてて~」 会報, 千葉県高等学校教育研究会養護部会, 42, 31-39.

石隈利紀 2015 児童生徒のSOSをキャッチする~総合的な援助体制の推進~ 兵庫教育, 772, 4-7.

田村節子・石隈利紀 2012 学校に対して要求が強い母親が子どもの援助のパートナーへとどのように変容するか ―母親のインタビューの質的分析― 日本学校心理士会年報, 5, 101-113.

田村節子・石隈利紀 2011 心理的な混乱が大きい保護者が援助チームのパートナーとなる心理的変容過程モデルの検討 教育相談研究, 48, 25-34.

上村恵津子・石隈利紀 2010 教師が行う保護者面談に関する研究の動向と課題 信州大学教育学部研究論集, 3, 127-140.

上村恵津子・石隈利紀 2008 保護者面談における保護者の連携構築プロセスに関する研究 ―保護者の発話分析を通して― 学校心理学研究, 8, 59-73.

瀬戸美奈子・石隈利紀 2008 コーディネーション行動がチーム援助の有用性に与える影響―中学校における事例を通して― 教育相談研究, 45・46, 25-33.

上村恵津子・石隈利紀 2007 保護者面談における教師の連携構築プロセスに関する研究 教育心理学研究, 55, 560-572.

田村節子・石隈利紀 2007 保護者はクライエントから子どもの援助のパートナーへどのように変容するか―母親の手記の質的研究 ― 教育心理学研究, 55, 438-450.

石隈利紀・飯田順子  2006 各学校段階における援助チームと校内支援委員会の実態 ― 援助チームの形成・維持に与える影響に焦点をあてて―  筑波大学学校教育論集, 29-44

上村恵津子・石隈利紀  2006 保護者と教師の面接における教師の言語コミュニケーションの分類Ⅱ ―グラウンディド・セオリー・アプローチによる分析― 信州大学教育学部紀要, 117, 207-218.

上村恵津子・石隈利紀 2005 保護者と教師の面接における教師の言語コミュニケーションの分類 ―ロールプレイ逐語録に基づくカテゴリー構成― 信州大学教育学部紀要, 115, 189-197.

瀬戸美奈子・石隈利紀 2003 中学校におけるチーム援助に関するコーディネーション行動とその基盤となる能力および権限の研究 ―スクールカウンセラー配置校を対象として― 教育心理学研究, 51, 378-389.

田村節子・石隈利紀 2003 教師・保護者・スクールカウンセラーによるコア援助チームの形成と展開 ― 援助者としての保護者に焦点をあてて― 教育心理学研究, 51, 328 -338 (☆2004年度日本教育心理学会優秀論文賞受賞).

 

2.4.  アセスメント・心理検査

児玉裕巳・石隈利紀・ 戸山美樹 2017 中学・高校生における学習の態度の認知・情緒・行動間の関連および学校段階の差異 筑波大学心理学研究, 53, 33-43.

Ishikuma, T., Matsuda, O, Fujita, K., & Ueno, K. (2016) Intellectual assessment of children and youth in Japan: Past, present, and future. International Journal of School & Educational Psychology,4(4), 241-246. (DOI: 10.1080/21683603.2016.1163711

児玉裕巳・石隈利紀 2015 中学・高校生の学習に対する態度についての研究-認知・行動・情緒の3側面からの検討-

石井克佳・菅野和恵・江口勇治・石隈利紀 2013 「アジアの高校生による聞き書きプロジェクト」におけるコミュニケーション能力の測定について 筑波大学学校教育論集, 35, 37-45

Kaufman, N.L・Kaufman, A.S・藤堂栄子・熊谷恵子・石隈利紀 2012 個別学力検査の意義と活用 ―学習障害児を援助する臨床的ツールとして―  LD研究, 21, 24-31.

Kaufman, A.S・高橋知音・染木史緒・石隈利紀 2012 学習困難のある子どもたちを援助する21世紀の「賢いアセスメント」 LD研究, 21, 15-23.

藤田和弘・石隈利紀・青山真二・服部環・熊谷恵子・小野純平 2011 日本版KABC-Ⅱの理論的背景と尺度の構成 9 K-ABCアセスメント研究, 13, 89-9.

本田真大・石隈利紀・新井邦二郎 2005 中学生の対人関係ビリーフ尺度作成の試み 教育相談研究, 43, 11-17.

石隈利紀 2004 子どもの苦戦へのチーム援助 K-ABCアセスメント研究, 5, 79-93.

景山ゆみ子・石隈利紀 2001ドメスティック・バイオレンス被害者に対する援助についての研究 ―「危機アセスメントモデル」の構築を目指して―  コミュニティ心理学研究, 4, 119-131.

石隈利紀 1995 発達障害における心理検査の動向 ―K-ABCとWISC-Ⅲを中心にして― 発達障害研究, 16, 244-248.

森治子・長谷川浩三・石隈利紀・嶋田洋徳・坂野雄二 1994 不合理な信念測定尺度(JIBT-20)の開発の試みヒューマンサイエンスリサーチ, 3, 43-58.

小野純平・松原達哉・藤田和弘・前川久男・石隈利紀 1994 日本版K-ABCの構成概念的妥当性に関する検討 筑波大学リハビリテーション研究, 3, 11-16.

Kaufman, A.S., Ishikuma, T. & Kaufman, N.L. 1994 A Horn analysis of the factors measured by the WAIS-R, Kaufman Adolescent and Adult Intelligence Test (KAIT), and two new brief cognitive measures for normal adolescents and adults. Assessment, 1, 353-366.

Kaufman, A.S., Kaufman, N.L., & 石隈利紀 1994 LDの心理・教育アセスメントとK-ABC ― 一人ひとりの子どもの得意な情報処理スタイルを生かす教育をめざして― LD(学習障害) 研究と実践, 3, 13-21.

Valasquez, R.J., Callahan, W.J., Evans, D., & Ishikuma, T. 1994 DSM-Ⅲ-R training in master's-level counseling programs. Psychological Reports, 74, 1331-1338.

Kaufman, A. S., Ishikuma, T., & Kaufman-Packer, J. 1991 Amazingly short forms of the WAIS-R. Journal of Psychoeducational Assessment, 9, 4-15.

Kaufman, A. S, McLean, J.E., Ishikuma, T., & Moon, S.  1989 Integration of the literature on the intelligence of Japanese children and analysis of the data from a sequential and simultaneous model. School Psychology International, 10, 173-183.

 

2.5. カウンセリング

市川園子・白肌邦夫・石隈利紀 2014 カラオケによる落ち込み解消効果の分析 教育相談研究, 51, 1-11.

家近早苗・石隈利紀  2006  私立高等学校における生活場面を生かしたスクールカウンセリング 教育相談研究

石隈利紀 2003 学校カウンセリングの現状と課題 ― 一人ひとりの子どもの力と援助ニーズに応じる学校教育サービスをめざして 明治学院大学心理臨床センター研究紀要, 1, 15-28.

岡田佳恵・石隈利紀 1999 看護職の自動思考とバーンアウトとの関係 カウンセリング研究, 32, 115-123.

 

3. 領域・テーマ 

3.1. 震災支援

西山久子・小泉令三・石隈利紀・大野精一 2017 熊本地震スタート支援における支部間サポートネットワーク ー東日本大震災からの学びを生かす取組から-  日本学校心理士会年報,9,107-114.

西山久子・石隈利紀・家近早苗・小泉令三・Pfohl,W. 2015 東日本大震災を体験した後の子どもと学校のレジリエンスを高める取組み 日本学校心理士会年報, 7, 159-167.

西山久子・我妻則明・瀧野揚三・Pfohl,W.・大野精一・石隈利紀 2014 震災後2年間の活動報告:学校心理士による子どもと学校への支援 ―第35回Internatilnal School Pshchology Association 年次大会での発表をもとに-  日本学校心理士年報, 6, 115-128.

石隈利紀・大野精一・西山久子・都丸けい子 2012 震災支援から学ぶ学校心理士の可能性 ―東日本大震災 子ども・学校支援チームの活動(2011年から2012年)より― 日本学校心理士会年報, 5, 151-167.

石隈利紀・大野精一・西山久子・都丸けい子 2012 日本学校心理士会による東日本大震災支援 ―子ども・学校支援チームを中心にして 日本学校心理士年報, 4, 165-177.

Ishikuma, T., & Nishiyama, H. 2011 Appreciation for support for Japan in Responding to the natural disaster. NASP Communique, December 2011.1, 8-9

 

3.2. 被援助志向性

本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2015 援助要請行動から適応感に至るプロセスモデルの構築 カウンセリング研究,48,65-74.

本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2011 中学生の友人、教師、家族に対する被援助志向性尺度の作成 カウンセリング研究, 44, 254-263.

本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2011 援助要請スキル尺度の作成 学校心理学研究, 10, 33-40.

水野治久・山口豊一・石隈利紀 2009 中学生のスクールカウンセラーに対する被援助志向性 ―接触仮説に焦点をあてて― コミュニティ心理学研究, 12, 170-180.

本田真大・石隈利紀・新井邦二郎 2009 中学生の悩みの経験と被援助志向性が対人関係適応感に与える影響 カウンセリング研究, 42, 176-184.

本田真大・石隈利紀 2008 中学生の援助に対する評価尺度(援助評価尺度)の作成 学校心理学研究, 8, 29-39.

田村修一・石隈利紀 2008 中学校教師の被援助志向性を規定する要因―会話スキル、校長のリーダーシップおよび職場風土に対する認知に焦点をあてて カウンセリング研究, 41, 224-234.

本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2008 中学生の悩みの深刻さ、援助要請時に受けた援助、受けた援助の期待との一致、援助評価と学校適応の関連の検討  筑波大学心理学研究, 36, 57-65.

水野治久・石隈利紀・田村修一 2006 中学生を取り巻くヘルパーに対する被援助志向性に関する研究―学校心理学の視点から カウンセリング研究, 39, 17-27.

田村修一・石隈利紀 2006  中学校教師の被援助志向性に関する研究 ―状態・特性被援助志向性尺度の作成および信頼性と妥当性の検討― 教育心理学研究, 54, 75-89.

山口豊一・水野治久・石隈利紀 2004 中学生の悩みの経験・深刻度と被援助志向性の関連-学校心理学の視点を生かした実践のために カウンセリング研究, 37, 241-249.

水野治久・石隈利紀 2004 わが国の子どもに対するソーシャル・サポート研究の動向と課題 ―学校心理学の具体的展開のために カウンセリング研究, 37, 280-290.

田村修一・石隈利紀 2002 中学校教師の被援助志向性と自尊感情の関連 教育心理学研究, 50, 291-300.

田村修一・石隈利紀 2001 指導・援助サービス上の悩みにおける中学校教師の被援助志向性に関する研究―バーンアウトとの関連に焦点をあてて 教育心理学研究, 49, 438-448.

水野治久・石隈利紀 1999 被援助志向性、被援助行動に関する研究の動向 教育心理学研究, 47,  530-539.

 

3.3. 学校生活スキル

飯田順子・石隈利紀・山口豊一 2009 高校生の学校生活スキルに関する研究―学校生活スキル尺度(高校生版)の開発― 学校心理学研究, 9, 25-35.

石川満佐育・田中輝美・熊谷恵子・菅野和恵・初谷和行・竹内義晴・平田佳弘・篠原吉徳・石隈利紀 2009 「ライフスキルを高める心理学の授業」の効果の検討 学校教育論集, 31, 5-11. 

飯田順子・山口豊一・石隈利紀 2008 学校生活スキルの発達的変化の検討 教育相談研究, 45・46, 49-58.

飯田順子・石隈利紀 2006 中学生の学校生活スキルと学校ストレスとの関連 カウンセリング研究, 39, 132-142.

阿部聡美・水野治久・石隈利紀  2006 中学生の言語的援助要請スキルと援助不安、被援助志向性の関連 大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門, 54 (2), 141-150.

山口豊一・飯田順子・石隈利紀 2005 小学生における学校生活スキルに関する研究-学校生活スキル尺度(小学生版)の開発 校心理学研究, 5, 49-58.

下山晃司・田中輝美・熊谷恵子・石隈利紀 2007 ライフ・スキルを高める心理学の授業開発の試み ―試験的実施結果について― 筑波大学学校教育論集, 29, 83-87.

飯田順子・石隈利紀 2003 中学生のスキルを測定する尺度の開発に関する研究の動向 筑波大学心理学研究, 213-228.

飯田順子・石隈利紀 2002 中学生の学校生活スキルに関する研究 ―学校生活スキル尺度(中学生版)の開発― 教育心理学研究, 50, 225-236.

飯田順子・石隈利紀 2002 中学生の学校生活スキルと学校における活動状況との関連 ―自己効力感と学業成績に焦点を当て― 教育相談研究, 40, 13-23.

飯田順子・石隈利紀  2001 中学校における学級集団を対象としたスキルトレーニング ―自己効力感がスキル学習に与える影響― 筑波大学心理学研究, 23, 179-185.

 

3.4. 異文化間心理学

飯田順子・石隈利紀・佐野一郎・林貴美子・新津勝二・甲斐雄一郎・松本末男・今井二郎・藤原健志 2015 児童生徒の国際的資質を育成する実践~『ヤングアメリカンズワークショップ』を通じた附属学校の児童生徒の変化~ 筑波大学学校教育論集, 37, 1-9.

藤原健志・飯田順子・甲斐雄一郎・松本末男・日下部公昭・鈴木亨・石隈利紀 2015 高校生の国際研修旅行経験による国際的資質の向上 筑波大学学校教育論集, 37, 19-28.

木原美妃・石隈利紀 2008 学校における異文化コンサルテーションーコンサルタントの役職を「文化」ととらえて 筑波大学学校教育論集, 30, 37-44.

水野治久・石隈利紀 2001 留学生のソーシャルサポートと適応に関する研究の動向課題  コミュニティ心理学研究, 4, 132-143.

水野治久・石隈利紀 2001 アジア系留学生の専門的ヘルパー、役割的ヘルパー、ボランティアヘルパーに対する被援助志向性と社会・心理学的変数の関連 教育心理学研究, 49(2), 137-145.

水野治久・石隈利紀 2000 アジア系留学生の専門的ヘルパーに対する被援助志向性と社会・心理学的変数の関連 教育心理学研究, 48, 165-173.

水野治久・石隈利紀 1998 アジア系留学生の援助志向性が適応に与える影響に関する研究 カウンセリング研究, 31, 1-9.

松原達哉・石隈利紀 1993 外国人留学生相談の実態 カウンセリング研究, 26, 146-155.

 

3.5. 学級・生徒

樽木靖夫・石隈利紀・蘭千壽 2011 中学生の学級劇活動における分業的協力および教師の援助的介入に関する研究 日本学校心理士会年報, 3, 87-98.

樽木靖夫・石隈利紀・蘭千壽 2010 学校行事における教師の介入に関する一次的援助サービスモデルの提案 日本学校心理士会年報, 2, 85-93.

樽木靖夫・石隈利紀・蘭 千壽 2009 中学校の文化祭での学級劇活動における学級アイデンティティの獲得と肯定的な自己評価の形成  日本学校心理士会年報, 1, 119-128.

樽木靖夫・蘭千壽・石隈利紀 2008 文化祭での学級劇での活動における中学生の困難な場面でも頑張る姿勢への教師の援助介入 日本教育工学会雑誌, 32, 177-180.

湯浅俊夫・石隈利紀 2008 予備校における小論文教育が受験生の自己効力感・進路意識に与える影響―自分や社会について考える力の育成を通して― 教育相談研究, 45・46, 41-47.

樽木靖夫・石隈利紀 2006 文化祭での学級劇における中学生の小集団の体験の効果 ―小集団の発展,分業的協力,担任教師の援助介入に焦点をあてて― 教育心理学研究, 54, 101-111.

樽木靖夫・石隈利紀 2005 文化祭での学級劇活動における中学生の集団体験及び担任教師の援助介入 学校心理学研究, 5, 37-48.

石川満佐育・石隈利紀・濱口佳和 2005 他尊感情と自尊感情が自己表現に与える影響 筑波大学心理学研究, 29, 89-97.

石隈利紀・小野瀬雅人・福沢周亮  1994 「三匹の子ぶた」に関する心理学的研究(3)  ―父親・母親が考える「望ましい物語」について  筑波大学心理学研究, 16, 51-61.

小野瀬雅人・石隈利紀・福沢周亮 1993 「三匹の子ぶた」に関する心理学的研究(2)  ―幼稚園教師の考える「望ましい物語」について 筑波大学心理学研究, 15, 113-123.

福沢周亮・小野瀬雅人・石隈利紀 1992  「三匹の子ぶた」に関する心理学的研究 ―物語の構造と伝えられる価値の分析を中心に― 筑波大学心理学研究, 14, 45-53.

 

3.5.公認心理師

石隈利紀 2019 公認心理師の概要と課題 臨床精神医学, 48, 549-556.

9月18日(木)筑波大学において第18回トップマネジメントセミナーが開催されました。講師は、藤崎一郎大使(日米協会会長)と大竹美喜先生(アフラック創業者・最高顧問)のお二人です。もったいないくらいの、超一流のお二人のリーダーのお話しを、同時に聞くことができ、「リーダーの生き方」についてヒントをいただきました。 

 藤崎一郎大使は、在アメリカ合衆国特命全権大使(2008年~2012年)をつとめられた方です。藤崎大使のお話しは、以下の3点が心に残りました。とくに国と国との関わり、人と人との関わりについての能力について、豊かな示唆を得ました。

①  物事の本質をつかむために、自分の頭で考える・・相手の言葉をそのまま受け入れるのではなく、「相手は何を求めているか」について、表面的ではなく自分なりに解釈して考えることが大切だと言われました。外交の専門家の言葉には重みと説得力があります。この言葉は、私の職業であるカウンセリングにも通じます。クライエント(相談に来た人)の言葉を聞きながら、「相手は何を訴えているか」について、感じ取ろうとしますし、また考えます。

②  できごとや自分の考えを正確に伝える・・・5分であれ、15分であれ、与えられた時間で話せるように、要点を「圧縮」して表現する力を身につけることが大切と言われました。「正確に、かつ簡潔に」です。この能力も訓練が必要です。藤崎大使は、職業についてから多くを学んだと言われますが、表現する力は、学び続けることで身につく能力かもしれません。実はカウンセリングにおいても、クライエントの気持ちや考えを、カウンセラーとして理解したことを「適切に、かつ短く」返すことが求められます。もちろんそれに対してクライエントがまた言葉を返しますので、「やりとり」を通してカウンセリングは進んでいきます。何かを伝えること、そしてやりとりすることでは、趣旨に焦点をあてる(脱線しない)ことが成功の鍵を握ります。

③  感謝する・・・東日本大震災で、日本はアメリカ合衆国をはじめ多くの国の支援を受けました。このことを、きちんと感謝する気持ちを忘れてはいけないと、大使は言われました。実は私も被災地の子ども・学校を支援する、日本学校心理士会のチームの代表として、アメリカ学校心理士協会のタイムリーで継続的な支援を受けています。感謝を表現することは、リーダーとしての必須条件であるとあらためて痛感しました。 

 大竹美喜先生は、アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)を創業された方です。大竹先生のお話は、以下の3点が印象的でした。とくに新しい道を開拓するスピリットについて知恵を授けていただきました。

①  リーダーは難問に向き合う係だ・・・大竹先生は会社を創ったからには逃げられないので、リスクに向き合ってきたと話されました。道なき道を拓いてこられた大竹先生は、多くのリスクと対峙され対応されてきたと思います。「難問に向き合う」のがリーダーの役割。リーダーはリスクの請負人であるという表現に、大竹先生の旺盛な好奇心と自立した精神を感じます。教育に関わる私は、好奇心と自立性こそ、教師に求められる資質だと思っています。子どもとの関わり・教師同士の関わり・保護者との関わりでは、ときには「難問」と向き合います。その難問から逃げずに、誠実に向き合うことの大切さを痛感します。

②  リーダーはオーケストラの指揮者のごとく、すべての音を聴き取る・・・社長であり会長であった大竹先生ならではの言葉です。指揮者のタクトを振るところよりも、多様な音を聴き取るところに着目されることに感銘を受けました。これは「一人ひとりを大切にするインクルーシブ教育」と通じます。そしてマイノリティを含めたすべての人々を尊重するリーダーシップは、学校経営や教育の在り方を支えるものだと思います。

③  人と比べない、自分らしさを尊重する「絶対的評価」をする・・・大竹先生は、人と比べても、永遠に勝者になることはできないと言われました。自分が自分のライバルであり、独創性が大切であると強調されます。私たち教育関係者は、子どもの成績を比較して、「よい生徒」「ふつうの生徒」と分類することがあります。一人ひとりの子どもが自分らしく生きる勇気をもつためには、子どものよいところ、ユニークなところを、見つけて励ますのが、教師の役割ですね。

 お二人の話の最後に、藤崎大使が、ふたりの話の共通点は、「お手本を探さない」ことだと言われました。リーダーとして、自立的に生きていくとき、お手本は見つからないのかもしれません。また自分をお手本として、他者に押しつけるのもよくないと言えます。周りの一人ひとりの音を聴き、自分で考え、自分で歩き、自分のことばで表現する・・・藤崎大使と大竹先生のお話から、リーダーとして、そして人間としての生き方について、またグローバル人材について考える深いヒントをいただきました。


筑波大学附属学校教育局HP "教育長のひとこと"より >

心に残った言葉

  2014年になり、多くの人と言葉との出会いがありました。

1 「未来開拓をみなさんに託す」 山海嘉之

  1月11日(土)、筑波大学開学40+101周年記念事業の一環として「山海嘉之教授、中高生と大いに語る」が附属中学校の育鳳館で開催されました。山海嘉之先生は、システム情報系教授・サイバニクス研究センター長、サイバーダイン株式会社CEOであり、ロボットスーツHALで世界的に著名な研究者です。集まったのは、筑波大学附属中学校、附属高等学校、附属坂戸高等学校、附属駒場中・高等学校、附属視覚特別支援学校、附属聴覚特別支援学校、附属桐が丘特別支援学校の中学生、高校生です。障害のある子どもも含めて多様で、多感な生徒たちが、山海教授の話を聞き、質問をし、討論しました。

  山海教授は生徒たちに「未来開拓型人材」になるように話され、その人材になるためには「夢をもつこと」「情熱をもつこと」そして「思いやりがあること」をあげられました。そして「未来の開拓を皆さんに託す」と言われたのです。ある高校生は「(未来を託されたなかに)自分も入っているってすごいことだよね、ただ、何かが好きなだけじゃダメで、何が自分にできるか考えないといけないな」とつぶやきました。ロボットスーツHALの開拓で、医療、介護の領域などで、画期的な貢献を続け、まさに未来の開拓の世界的リーダーである山海教授から、未来を託された中学生や高校生の感動が伝わってきます。


2 「変わるためには、学ばなければならない」工藤公康

  1月25日(土)、筑波大学の春日講堂において、筑波大学教員免許状更新講習シンポジウムで、「プロとしての生き方! - 学び続けることの意義 -」 と題して、プロ野球解説者の工藤公康氏と私の対談がありました。茨城県内外の多くの教員が集まりました。工藤氏は、プロ野球選手として、西武ライオンズ、ダイエーホークス(現在のソフトバンクホークス)、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)で輝かしい活躍をされ、今は野球解説者として人気を博しています。そして今年の4月から、筑波大学大学院人間総合科学研究科の大学院生としてスポーツ医学を学ばれています。

  工藤氏は、「プロになってからが大切。教えてくれるのを待つのか、自分で変わろうとするのかで、その後が決まる」とご自身のプロ野球選手としての経験を振り返りながら話されました。そして工藤氏の生きる指針として、「変わるためには、学ばなければならない」と言われたのが印象的でした。人生のステージを進む過程で、状況が変わっていきます。その状況のなかで生き抜くために、自分も変わる必要があるのです。心理学では「学習」は「行動が変容すること」と定義されます。学び続けること・・・これは、スポーツ選手だけでなく、子どもと関わる私たち教員にもあてはまります。

 

3 「いつも未完成」 佐野一郎

  6月27日(金)・28日(土)・29日(日)、つくば市の筑波大学・大学会館で、ヤングアメリカンズの公演が開催されました。ヤングアメリカンズの3日間、参加者(今回は、小学生から大学生)は歌とダンスのレッスンを受け、最後にキャストと一緒にショーを披露します。筑波大学では、2013年6月、2014年3月にも開催されています。ヤングアメリカンズは、1962年ミルトン・C・アンダーソンによって設立された非営利活動団体であり、アウトリーチ(出張授業)で「音楽公演と教育」を行っています。17歳~25歳の若者たち約300名で構成され、オーディションで選ばれた40名のキャストがこの夏来日して日本のツアーに参加しました。ヤングアメリカンズは、秋のツアーでは、いわき市など被災地をまわります。また日本の他USツアー、UKツアー、ヨーロッパツアーを行っています。

  ヤングアメリカンズを日本に紹介し、主催しているのが、NPO法人「じぶん未来クラブ」であり、ツアーの新しいキャストを歓迎し、宿泊するホストファミリーを紹介します。ツアーの公演は、各地の地域サポーターやキッズサポーター(参加者のサポーター)とともに、作られます。キャストは参加者と出会い、歌とダンスを教えて、一緒にパフォーマンスを行います。キャストは、参加した子どもたちに、「教えて、やらせる」のではなく、「やってみせて、次に一緒にやる」のです。子どもたちにとって新しいチャレンジは、先輩であり、先生であるキャストと共に行うのです。参加者にとっても、キャストにとっても、共に学ぶプロセスです。

  じぶん未来クラブの代表である佐野一郎氏と話す機会が何度かありましたが、心に残ったのが佐野氏の「ヤングアメリカンズは、いつも未完成」という言葉です。未完成という言葉には、参加者はもちろん、キャストも、ボランティアも主催者も、新しい公演の度に、準備し、学ぶプロセスを経験するという意味があります。新しい出来事には、いつも驚きと失敗があるそうです。

 

  私たちは、さまざまな出来事にであいながら、未完成であることを味わいながら、学び続け、未来を開拓しているのです。

筑波大学附属学校教育局HP "教育長のひとこと"より >

日本を飛び立つのは今でしょ!
~帰国おじさんのアメリカ修行時代~

石隈 利紀(副学長 附属学校教育局教育長)

私が筑波大学に赴任したのは,1990年9月1日, 39才のときでした。私は1981年(31才)から足かけ 9年,正味7年のアメリカ生活を終えて帰ったばか りの「帰国おじさん」でした。ブルーの上着に,真っ 赤なネクタイをつけた小柄なおじさんは,筑波大学 でチャンスを得て,その後23年間仕事をさせていた だいています。専門は学校心理学です。  私は日本で大学生活を経験し,民間の会社に勤務 しました。そして学習塾を開いた私は,英語の力不 足を感じ,アメリカ留学を決意しました。アラバマ 州の英語学校・短期大学を経て,大学,大学院で心 理学を学びました。またカリフォルニア州のスクー ルサイコロジスト(インターン)や大学(San Diego State University:SDSU)の講師として勤めました。 今回は大学時代と大学院時代についてお話しします。 20~30年くらい前の話で恐縮です。


続きを読む

1 Wechsler, D. 上野一彦・石隈利紀・大六一志・松田修・山中克夫編著 2018 日本版WAIS-Ⅳ 日本文化科学社

 

https://www.nichibun.co.jp/kensa/detail/wais4.html(日本文化科学社)

 

藤田和弘・石隈利紀・青山真二・服部環・熊谷恵子・小野純平 2013 日本版KABC-Ⅱ 丸善出版

QS_20150406-175420.png

http://pub.maruzen.co.jp/kabc/ (丸善出版)

 

上野一彦・藤田和弘・前川久男・石隈利紀・大六一志・松田修 2011 日本版WISC-Ⅳ 日本文化科学社

 

QS_20150406-175755.png
http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/kensa/wisc4.html (日本文化科学社)

 

 

東洋・上野一彦・藤田和弘・前川久男・石隈利紀・佐野秀樹編著1998 日本版WISC-Ⅲ 日本文化科学 社

 

5 松原達哉・藤田和弘・前川久男・石隈利紀編著 1993 K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー 丸善メイツ

<1>編著

<新刊>

野島一彦・繁桝算男(監修)石隈利紀(編)2019 公認心理士の基礎と実践 18 教育・学校心理学 遠見書房

 

水野治久・家近早苗・石隈利紀(編)2018 チーム学校での効果的な援助:学校心理学の最前線 ナカニシヤ出版

 

田村節子・石隈利紀 2018 新版:石隈・田村式援助チームによるチーム援助入門:学校心理学・実践編 図書文化社

 

 

<その他>

田村節子・石隈利紀 2017 石隈・田村式援助チームによる子ども参加型チーム援助―インフォームドコンセントを超えてー 図書文化

 

石隈利紀・大野精一・小野瀬雅人・松本真理子・東原文子・山谷・福沢周亮(責任編集)日本学校心理学(編) 2016 学校心理学ハンドブック第2版―「チーム」学校の充実をめざして 教育出版 2017 2刷り

 

石隈利紀(監修)熊谷恵子・田中輝美・菅野和恵(編) 2016 ライフスキルを高める心理教育~高校・サポート校・特別支援学校での実践 金子書房

 

Lee,P. 2008 Collaborative Practices for Educators: Strategies for Effective Communication. Minnetonka, MN: Peytral Publications, Inc. (石隈利紀監訳・中田正敏訳 2015 教師のチームワークを成功させる6つの技法 誠信書房)

Wechsler, D., 上野一彦・藤田和弘・前川久男・石隈利紀・大六一志・松田修(編著) 2014 日本版 WISC-Ⅳ補助マニュアル 日本文化科学社

 

Kaufman, A. S., Lichtenberger, E. O., Fletcher-Janzen, E., Kaufman, N. L.(著)藤田和弘・石隈利紀・青山真二・服部環・熊谷恵子・小野純平(監訳) 2014 エッセンシャルズ:KABC-Ⅱによる心理アセスメントの要点 丸善出版

石隈利紀・家近早苗・飯田順子(著)・小島弘道(監修) 2014 学校教育と心理教育的援助サービスの創造 学文社

シェーン・R・ジマーソン、トーマス・D・オークランド、ピーター・T・ファレル(編集)・石隈利紀・松本真理子・飯田順子(監修・翻訳) 2013 世界の学校心理学事典 明石書店

 

柘植雅義・石隈利紀 2013 高等学校の特別支援教育Q&A―親・教師が知っておきたい70のポイント 金子書房

 

水野治久・石隈利紀他(編者)2013 よくわかる学校心理学 ミネルヴァ書房

 

田村節子・石隈利紀 2013 実践チーム援助―特別支援教育編― 図書文化

 

石隈利紀・藤生英行・田中輝美(編)2013 生涯発達の中のカウンセリングⅡ~子どもと学校を援助するカウンセリング サイエンス社

 

上野一彦・藤田和弘・前川久男・石隈利紀・大六一志・松田修(訳編著)2010 日本版 WISC-Ⅳ理論・解釈マニュアル 日本文化科学社

 

上野一彦・藤田和弘・前川久男・石隈利紀・大六一志・松田修(訳編著)2010 日本版 WISC-Ⅳ実施・採点マニュアル 日本文化科学社

 

石隈利紀(監修)水野治久(編)2009学校での効果的な援助をめざして~学校心理学の最前線 ナカニシヤ書店

  

石隈利紀(監修)瀬戸口裕二(編)2008特別支援教育 月めくりカレンダー 学級担任・学校・地域で進める実践12か月金子書房

 

石隈利紀 2006 寅さんとハマちゃんから学ぶ助け方・助けられ方の心理学-やわらかく生きるための6つのレッスン誠信書房

 

学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀(責任編集)2006学校心理学ガイドブック 第1版 風間書房

 

藤田和弘・上野一彦・前川久男・石隈利紀・大六一志(編著)2005 WISC-Ⅲアセスメント事例集-理論と実際- 日本文化科学社

 

福沢周亮・石隈利紀・小野瀬雅人(責任編集)2004日本学校心理学会(編)学校心理学ハンドブック 教育出版

 

石隈利紀・玉瀬耕治・緒方明子・永松裕希(編)2004学会連合資格「学校心理士」認定運営機構(企画・監修) 講座学校心理士の理論と実践:学校心理士による心理教育的援助サービス北大路書房

 

石隈利紀・田村節子 2003 石隈・田村式援助シートによるチーム援助入門-学校心理学・実践編 図書文化

 

國分康孝・國分久子()石隈利紀・朝日朋子・曽山和彦() 2003学習で苦戦する子ども 図書文化

 

石隈利紀・伊藤伸二 2001 論理療法と吃音 芳賀書店 2005 「やわらかに生きる―論理療法と吃音に学ぶ」と改題・改変 金子書房より出版

 

石隈利紀 1999学校心理学-教師・スクールカウンセラー・保護者のチームによる心理教育的援助サービス-誠信書房

 

國分康孝(監)石隈利紀・井上勝也・上地安昭・金沢吉展・木村周・田上不二夫・福島脩美(編)1997スクールカウンセリング事典  東京書籍

 

前川久男・石隈利紀・藤田和弘・松原達哉(編著)1995 K-ABCアセスメントと指導-解釈の進め方と指導の実際- 丸善メイツ

 

松原達哉・藤田和弘・前川久男・石隈利紀(訳編著)1993 K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー解釈マニュアル 丸善メイツ

 

松原達哉・藤田和弘・前川久男・石隈利紀(編著)1993 K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー実施・採点マニュアル 丸善メイツ

 

 

<2>分担執筆

 

 

石隈利紀 2019 日本の学校心理学と学校教育相談 大野精一・藤原忠雄(編) 学校教育相談の理論と実践 あいり出版, 59-72

 

石隈利紀 2018 教育・学校心理学,情報共有:多職種・地域連携,公認心理師の業務:教育,教育分野①:行政と施設,教育行政②:法律 子安増夫・丹野義彦(編) 公認心理師エッセンシャルズ 有斐閣, 36-37,68-69,74-75,130-136,138-143

 

石隈利紀 2017 日本版KABC-Ⅱの概要と理論的背景 小野純平・小林玄・原伸生・東原文子・星井純子(編)日本版KABC-Ⅱによる解釈の進め方と実践事例 丸善メイツ,3-12

 

加藤宣行・石隈利紀 2017 道徳の教科化と目指すところ 加藤宣行(編)子どもに寄り添う道徳の評価 光文書院,6-11

 

石隈利紀 2017 発達障害のある児童の指導と評価 加藤宣行(編)子どもに寄り添う道徳の評価 光文書院,46-48

 

石隈利紀 2016 国際バカロレア導入への動き:筑波大学の理念とIB教育の共通点、グローバル人材は"日本人らしさ"の再定義から生まれる 大前研一通信(特別保存版 Part.IX) ビジネス・ブレークスルー出版 169-179 
223-226

 

石隈利紀 2013 まえがき石隈利紀・藤生英行・田中輝美(編)生涯発達の中のカウンセリングⅡ~子どもと学校を援助するカウンセリング サイエンス社 ⅰ-ⅹⅱ

 

石隈利紀・小野瀬雅人・大野精一・松村茂治・橋本創一 2012 学校心理士をどう養成するか―大学院における関連科目「新基準」誕生の過程と意義―学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀・小野瀬雅人(責任編集)学校心理学ガイドブック第3版風間書房223-233

 

石隈利紀 2012 基礎実習1心理教育的アセスメント基礎実習学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀・小野瀬雅人(責任編集)学校心理学ガイドブック第3版風間書房193-203

 

石隈利紀 2012 学校心理学学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀・小野瀬雅人(責任編集)学校心理学ガイドブック第3版 風間書房45-60

 

石隈利紀 2012 学校心理学と学校心理士(学校心理士の意義と特徴、学校心理士の活動の概要、学校心理学とその近辺領域の異同と学校心理士の活動の特色)学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀・小野瀬雅人(責任編集)学校心理学ガイドブック第3版 風間書房5-15

 

石隈利紀 2011 コラム:学校心理士楡木満生・田上不二夫編カウンセリング心理学ハンドブック 金子書房 154

 

石隈利紀2011 学校カウンセリング総合教育技術5月号増刊 最新教育基本用語2011~2012年版 小学館 336-351

 

石隈利紀 2010 コラム:教師カウンセラーの課題上地安昭(編)教師カウンセラー・実践ハンドブック 金子書房 28

 

石隈利紀 2010 子どもが生きることをどう援助できるか~吃音への援助から学ぶ伊藤伸二・吃音を生きる子どもに同行する教師の会(編著) 親、教師、言語聴覚士が使える吃音ワークブック 解放出版社 129-140

 

石隈利紀 2009 一斉授業の中で、個に配慮した支援を行うための工夫はどのようなものがありますか?全国特別支援学校知的障害教育校長会(編著)特別支援教育Q&A ジアース教育新社 138-139

 

石隈利紀 2009 学校カウンセリング総合教育技術5月号増刊 最新教育基本用語 2009~2010年版 小学館 338-353

 

石隈利紀・水野治久 2009 学校心理学の「最前線」と学校教育の可能性 石隈利紀(監)水野治久(編)学校での効果的な援助~学校心理学の最前線 ナカニシア出版 201-211

 

水野治久・石隈利紀 2009 学校心理学における学校への援助に関する研究 石隈利紀(監)水野治久(編)学校での効果的な援助~学校心理学の最前線 ナカニシア出版 1-11

 

石隈利紀 2009 支援ネットワーク二宮克美・子安増生(編) 教育心理学 新曜社 212-215

 

石隈利紀 2009 スクールカウンセラー二宮克美・子安増生(編)教育心理学 新曜社 154-157

 

石隈利紀 2009 学校生活での苦戦二宮克美・子安増生(編)教育心理学 新曜社 146-149

 

石隈利紀 2009 心理教育的アセスメント二宮克美・子安増生(編)教育心理学 教育心理学 新曜社 120-123

 

Ishikuma, T. 2009 Dr. Alan Kaufman's contribution to Japan: K-ABC,intelligent testing, and school psychology.In J. Kaufman (ed.) Intelligent testing: Integrating psychological theory and clinical practice. New York:Cambridge University Press. 183-190

 

石隈利紀 2008 学校カウンセリング教育法規研究会(編)最新教育課程解説ハンドブック1401-1405

 

家近早苗・石隈利紀 2008 コーディネーション 國分康孝(監修)八並光俊(編)生徒指導ガイドブック 図書文化 110-111

 

家近早苗・石隈利紀 2008 学校教育における心理教育的援助サービス 松本真理子(編)現代のエスプリ「子育てを支える心理教育とは何かー誕生から青年期まで」 至文堂91-101

 

青木豊・中釜洋子・石隈利紀・松本真理子 2008 座談会子どもの発達と心理教育・支援の現状と理想

 

松本真理子(編)現代のエスプリ「子育てを支える心理教育とは何かー誕生から青年期まで」至文堂 15-44

 

石隈利紀 2007 学校カウンセリング総合教育技術5月号増刊 最新教育基本用語 2007年度版338-353

 

石隈利紀 2007 学校の危機管理高倉 翔・加藤 章・谷川彰英 編著 これからの教師 建帛社 124-134

 

Ishikuma, T., Shinohara, Y, & Nakao, T. 2006  School psychology in Japan. In S.Jimerson, T.Oakland, & P.Farrell(Eds) Handbook of International School Psychology. Thousand Oaks, CA: Sage Publishing. 217-227

 

中澤潤・石隈利紀 2006 学校心理学に基づくケースレポートの作り方 学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀(責任編集)学校心理学ガイドブック 風間書房139-154

 

石隈利紀 2006 学校心理学の領域と学習課題およびキーワード学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀(責任編集) 学校心理学ガイドブック 風間書房24-33

 

石隈利紀 2006 学校心理学と学校心理士(学校心理士の意義と特徴、学校心理士の活動の概要、学校心理学とその近辺領域の異同と学校心理士の活動の特色)学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀(責任編集)学校心理学ガイドブック風間書房514

 

石隈利紀・高橋あつ子 2005 地域支援システムの構築 下司昌一・石隈利紀・緒方明子・柘植雅義・服部美佳子・宮本信也(編著) 現場で役立つ特別支援教育ハンドブック 日本文化科学社  234-239

 

石隈利紀・高橋あつ子 2005 支援のためのネットワークづくり 下司昌一・石隈利紀 ・緒方明子・柘植雅義・服部美佳子・宮本信也(編著) 現場で役立つ特別支援教育ハンドブック日本文化科学社  234-239

 

石隈利紀 2005 特別支援教育コーディネーターの養成プログラム下司昌一・石隈利紀・緒方明子・柘植雅義・服部美佳子・宮本信也(編著) 現場で役立つ特別支援教育ハンドブック 日本文化科学社  226-233

 

石隈利紀 2005 特別支援教育コーディネーターに求められる行動と能力・権限下司昌一・石隈利紀・緒方明子・柘植雅義・服部美佳子・宮本信也(編著)現場で役立つ特別支援教育ハンドブック 日本文化科学社  221-226

 

石隈利紀 2005 新たな生徒指導を求めて石隈利紀(監修)山口豊一(編著) 学校心理学が変える新しい生徒指導 学事出版 184-189

 

石隈利紀 2005 コンサルテーションが支える生徒指導:生徒指導におけるコンサルテーションの実際コンサルテーション石隈利紀(監修)山口豊一(編著) 学校心理学が変える新しい生徒指導 学事出版 163-168

 

石隈利紀・家近早苗 2005 コンサルテーションが支える生徒指導:コンサルテーションの基本的な考え方 石隈利紀(監修)山口豊一(編著) 学校心理学が変える新しい生徒指導学事出版156-163

 

石隈利紀・山口豊一 2005 生徒指導における援助サービスの実際:チーム援助の理論 石隈利紀(監修)山口豊一(編著) 学校心理学が変える新しい生徒指導 学事出版 119-121

 

石隈利紀・山口豊一 2005 心理教育的援助サービスの内容 石隈利紀(監修)山口豊一(編著)学校心理学が変える新しい生徒指導 学事出版 40-49

 

石隈利紀 2005 学校教育サービスと学校心理学石隈利紀(監修)山口豊一(編著)学校心理学が変える新しい生徒指導 学事出版 11-15

 

石隈利紀2005 14事例から学ぶチーム援助のヒント石隈利紀・山口豊一・田村節子(編)チーム援助で子どもとの関わりが変わるー学校心理学の実践事例集 ほんの森出版151-154

 

石隈利紀・田村節子 2005 援助チームの作り方・進め方 石隈利紀・山口豊一・田村節子(編)チーム援助で子どもとの関わりが変わるー学校心理学の実践事例集 ほんの森出版 19-24

 

石隈利紀 2005 チーム援助の発想とシステム石隈利紀・山口豊一・田村節子(編) チーム援助で子どもとの関わりが変わるー学校心理学の実践事例集 ほんの森出版  8-13

 

石隈利紀  2005  賢いアセスメントとケースレポートの書き方  藤田和弘・上野一彦・前川久男・石隈利紀・大六一志(編著)WISC-Ⅲアセスメント事例集-理論と実際- 日本文化科学社 71-91

 

石隈利紀・田村節子 2005 学校臨床における心理教育的アプローチ 亀口憲治(編)家族療法の現在  現代のエスプリ 至文堂 139-148.

 

石隈利紀 2005 学校心理士麻生武・浜田寿美男(編)よくわかる臨床発達心理学 ミネルヴァ書房 220-221

 

石隈利紀 2005 チーム援助のポイント諸富祥彦・明里康弘(編)教師間のチームワークを高める40のコツ 教育開発研究所 62-66

 

石隈利紀・田村節子・生島浩 2004 心理教育的アプローチ 大塚義孝他監修 亀口 憲治編 臨床心理学全書 第10巻誠信書房 124-198.

 

石隈利紀・田村節子2004 チーム援助 日本教育カウンセラー協会編 上級編教育カウンセラー標準テキスト 図書文化 125-134.

 

石隈利紀 2004 ケースレポートの書き方学会連合資格「学校心理士」認定運営機構(企画・監修)石隈利紀・玉瀬耕治・緒方明子・永松裕希(編) 講座 学校心理士-理論と実践 2:学校心理士による心理教育的援助サービス北大路書房 257-269

 

石隈利紀 2004 学校心理士によるコンサルテーションの方法学会連合資格「学校心理士」認定運営機構(企画・監修)石隈利紀・玉瀬耕治・緒方明子・永松裕希(編)学校心理士- 理論と実践 2:学校心理士による心理教育的援助サービス北大路書房 74-87

 

石隈利紀・永松裕希 2004 教育における子どもへのチーム援助 小林重雄(監修) 前川久男・緒方明子(編)前川久男・緒方明子(編)教育臨床心理学 コレール社 65-79

 

石隈利紀 2004学校心理士の役割と行動学会連合資格「学校心理士」認定運営機構(企画・監修)松浦宏・新井邦二郎・市川伸一・杉原一昭・堅田明義・田島信元(編) 講座 学校心理士-理論と実践 1:学校心理士と学校心理学北大路書房 54-69

 

石隈利紀2003 学習の苦戦を援助するとは國分康孝・國分久子()石隈利紀・朝日朋子・曽山和彦() 学習で苦戦する子ども 図書文化 10-13

 

石隈利紀 2003 スクールカウンセラーで広がる心理教育的援助サービス熊谷恵子(編) スクールカウンセラー200%活用術 図書文化  119-129

 

石隈利紀・小野瀬雅人・永松裕希 2003 第4章 学校心理学と学校心理士,学校教育と学校心理士 日本教育心理学会(編)教育心理学ハンドブック 有斐閣 69-79

 

石隈利紀 2002 学校におけるメンタルヘルスの課題―学校心理学の枠組みから教育と医学の会(編)児童期:知と感性をそだてる 慶応大学出版会 186-205

 

石隈利紀 2002 学校における心理教育的援助サービスの現状と展望沢崎俊之・中釜洋子・齋籐憲司・高田治(編)学校臨床そして生きる場への援助 日本評論社 23-5631

 

石隈利紀 2001 学校教育と臨床心理学下山晴彦・丹野義彦(編)講座臨床心理学:臨床心理学とは何か 東京大学出版会289-305

 

石隈利紀 2001 発達課題への取り組みの苦戦とその援助―学校心理学の視点から― 杉原一昭(監修)新井邦二郎・桜井茂男・大川一郎(編)発達臨床心理学の最前線 教育出版 85-92

 

石隈利紀・横島義昭 2000 学校心理学における構成的グループ・エンカウンター 國分康孝(編) 続・構成的グループ・エンカウンター 誠信書房  72-79

 

石隈利紀 2000 スクールカウンセリング浅井昌弘・牛島定信・倉知正佳・小山 司・中根充文・三好功峰(編)臨床精神医学講座・精神障害の予防 中山書店 323-332

 

石隈利紀 1999 「スクールカウンセラー」の役割学校教育研究所(編)心の教育の基礎・基本 学校図書 124-127

 

石隈利紀・今田里佳 1999 生徒理解の方法 内山喜久雄・山口正二(編)生徒指導 ・教育相談 ナカニシヤ出版  8-15

 

石隈利紀 1999 少しゆっくりの論理療法-カウンセリングにおける三種類の人間関係モデルから國分康孝編論理療法の理論と実際 誠信書房 49-60

 

石隈利紀 1999 学校カウンセリングにおける4種類のサービス國分康孝編 学校カウンセリング 日本評論社 10-17

 

石隈利紀 1998テストを生かした援助システム國分康孝・杉原一昭・川崎知己(編)学級担任のための育てるカウンセリング全書3 児童生徒理解と教師の自己理解 図書文化116-121

 

石隈利紀 1998 WISC-Ⅲ検査者の資格と倫理東  洋・上野一彦・藤田和弘・前川久男・石隈利紀・佐野秀樹(編著)日本版WISC-Ⅲ知能検査法 日本文化科学社 76-79

 

石隈利紀 1998 学校臨床下山晴彦編 教育心理学Ⅱー発達と臨床援助の心理学 東京大学出版  155-177

 

石隈利紀 1998 進路決定と不安-大学生を中心に落合良行(編)青年期の発達 日本文化科学社 121-141

 

石隈利紀 1997 心理テストの活用と展開―教育・臨床の立場から―日本学術会議シンポジウム編集委員会(編)心理テストの未来 図書文化 10-37

 

石隈利紀・今田里佳 1997 温かい認知で心を軽くするステップー論理療法入門 海保博之編 温かい認知の心理学 金子書房 123-140

 

石隈利紀 1995 スクールカウンセラーと学校心理学村山正治・山本和郎編 「スクールカウンセラー:その理論と展望」 ミネルヴァ書房  27-42

 

石隈利紀 1995 K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー松原達哉編 「最新心理テスト法入門」日本文化科学社 56-59

 

石隈利紀 1995 学校カウンセリング國分康孝編 「カウンセリング・トピックス100」誠信書房 19-35

 

石隈利紀・松原達哉 1995検査結果の解釈 前川久男・石隈利紀・藤田和弘・松原達哉(編著)「K-ABCアセスメントと指導-解釈の進め方と指導の実際ー」丸善メイツ 30-48

 

石隈利紀・藤延芳子 1994 海外留学の心理と適応 松原達哉編 「メンタルヘルスガイドー充実した大学生活をおくるためにー」教育出版 190-194

 

石隈利紀1994 学習障害児の診断と指導 松原達哉編 「教職研修実践ハンドブック:学校カウンセリングの考え方・進め方」 教育開発研究所 114-115

 

石隈利紀・小野瀬雅人・大野精一・松村茂治・橋本創一 1994 学校心理士をどう養成するか―大学院における関連科目「新基準」誕生の過程と意義― 学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀・小野瀬雅人(責任編集)学校心理学ガイドブック第3版 風間書房223-234

 

石隈利紀 1994 基礎実習2 心理教育的アセスメント基礎実習学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀・小野瀬雅人(責任編集)学校心理学ガイドブック第3版 風間書房193-204

 

石隈利紀 1993 学校心理学学校心理士資格認定委員会(編)塩見邦雄・石隈利紀・小野瀬雅人(責任編集)学校心理学ガイドブック第3版 風間書房45-61

 

石隈利紀 1993 K-ABCの信頼性・妥当性松原達哉・藤田和弘・前川久男石隈利紀(訳編著)「K-ABC心理・教育アセスメントバッテリー解釈マニュアル」 丸善メイツ 79-104

 

石隈利紀 1993 WAIS-R簡易実施法-Kaufmanらの方法 三沢義一監修 藤田和弘・前川久男・小林重雄・大六一志編 「WAIS-R簡易実施法」 日本文化科学社 15-19

 

Kaufman, A.S., & Ishikuma, T. 1993 Intellectual and achievement testing.In T.H.Ollendick & M.Hersen (Eds.) Handbook of child and adolescent assessment Needham Heights, MA: Allyn & Bacon.(192-207)

 

石隈利紀 1992 学校教育相談の基本的な考え方―学校心理学の枠組みから― 長谷川栄・杉原一昭編 教職教育講座第5巻 「生徒指導と教育相談」協同出版 116-131

 

石隈利紀 1992 賢い知能診断と知能診断レポートの書き方藤田和弘・上野一彦・前川久男・大六一志編 「新・WISC-R知能診断事例集」 日本文化科学社 55-70

 

Ishikuma, T. 1991 Introduction to cross-cultural communication in English.In University of Tsukuba Foreign Language Center(Ed.), English counseling University of Tsukuba.(59-68)

 

石隈利紀 1989 論理療法と結婚、セックス・セラピー日本学生相談学会(編)論理療法にまなぶ 川島書店 77-92

 

石隈利紀 1989 論理療法とグループ・セラピー日本学生相談学会(編)論理療法にまなぶ 川島書店 61-76

 

石隈利紀 1989 論理療法の哲学・理論・技法日本学生相談学会(編)論理療法にまなぶ 川島書店 93-106

 

石隈利紀 1989 論理療法と抵抗処理日本学生相談学会(編)論理療法にまなぶ 川島書店 93-106

 

 

<3>教科書開発

 

加藤宣行(監修)占部亨他(石隈利紀ら) (編) 2017 小学 道徳―ゆたかな心 1年~6年 光文書院

 

1       大野美佐子・石隈利紀 2013 専門学校の授業でのふり返りとフィードバックが学生の授業の意味づけに与える影響日本学校心理学会第15回大会プログラム&発表抄録集, B5

 

2       伊藤なおみ・石隈利紀 2013転校前の適応状況と転校後の課題への取り組みが児童の成長や適応に及ぼす影響日本学校心理学会第15回大会プログラム&発表抄録集, C5

 

3       兒玉裕巳・相樂直子・石隈利紀 2013 自助資源・援助資源尺度の開発日本学校心理学会第15回大会プログラム&発表抄録集, G3

 

4       相樂直子・石隈利紀 2013養護教諭による生徒の資源の活用を促すコーディネーションモデルの実践的有効性の検証(2) 日本学校心理学会第15回大会プログラム&発表抄録集, E4)

 

5       渡部雪子・関口雄一・三鈷泰代・石隈利紀・濱口佳和2012関係性攻撃と心理社会的適応との関連(13)―大学生の関係性攻撃と心理的適応との関連Ⅰ―日本教育心理学会第54回大会発表論文集, 271

 

6       関口雄一・桑原千明・八越忍・石隈利紀・濱口佳和2012関係性攻撃と心理社会的適応との関連(14)―大学生の関係性攻撃と心理的適応との関連Ⅱ―日本教育心理学会第54回大会発表論文集, 272

 

7       家近早苗・石隈利紀2012生徒の認知による教師の心理教育的援助サービスと学校享受感との関連 日本教育心理学会第54回大会発表論文集, 779

 

8       藤澤伸介・小野瀬雅人・石隈利紀・楠見孝・和田喜代美2012「一般意味論」を再び評価する―「生きる力」としての「言語力」を、心理学でどう位置づけるか―日本教育心理学会第54回大会発表論文集, 862

 

9       柘植雅義・涌井恵・宇野宏幸・京極澄子・石隈利紀2012授業のユニバーサルデザイン化への挑戦~LDのある子どもへの支援を中心に~日本LD学会第21回大会プログラム, 23

 

10      家近早苗・石隈利紀2012コーディネーション委員会(校内委員会など)の機能の発揮のされ方について 日本LD学会第21回大会プログラム, 94

 

11      Ishikuma,T., Nishiyama, H, Ozawa, M., Ikeda, M., & Watanabe, Y, 2012 Our progress in supporting children and schools in Japanese Disaster. In the symposium, Association of School Psychologists.Philadelphia,

 

12      小野藤子・石隈利紀2012保育所のチーム援助を活性化する保育士の行動 日本学校心理学会第14回大会プログラム&発表抄録集, A3

 

13      相樂直子・石隈利紀2012高校における資源の活用を促す養護教諭のコーディネーションモデルの有効性の検証 日本学校心理学会第14回大会プログラム&発表抄録集, A4

 

14      家近早苗・石隈利紀2012教師の行う心理教育的援助サービスを子どもがどう受け止めるか 日本学校心理学会第14回大会プログラム&発表抄録集, E1

 

15      児玉裕巳・石隈利紀2012学習困難場面における援助についての検討 日本学校心理学会第14回大会プログラム&発表抄録集, F4

 

16      板垣市子・石隈利紀2012生徒が感じた中学校教師による過剰な援助の認知の高低が、感情・行動と経験した結果に与える影響の比較 日本学校心理学会第14回大会プログラム&発表抄録集, G1

 

17      大野精一・小澤美代子・金山健一・石隈利紀2012『東日本大震災から1年、そしてこれからの1年―学校心理士の活動報告と今後の展開―』日本学校心理士会2012年大会プログラム発表論文集, 22特別企画

 

18      小野藤子・石隈利紀2012保育所のチーム援助が活性化するプロセス日本学校心理士会2012年大会プログラム発表論文集, 68-69

 

19      板垣市子・石隈利紀 2011生徒が感じた中学校教師による過剰な援助に関する研究 ―生徒の認知、感情・行動、それらを経験した結果から― 日本学校心理学会第13回大会プログラム・発表抄録集B5

 

20      相樂直子・石隈利紀 2011 中学生は問題へ取り組む際どのように資源を活用しているのだろうか 日本学校心理学会第13回大会プログラム・発表抄録集B4

 

21      石隈利紀・山口豊一 2010 台湾における学校カウンセリングの現状と課題 日本学校心理学会第12回大会プログラム・発表抄録集, 40

 

22      石隈利紀・花熊曉・松村茂治・長崎勉 2011 学習を支援する専門性~特別支援教育士、学校心理士、臨床発達心理士~日本LD学会第20回大会発表論文集, 27

 

23      家近早苗・石隈利紀 2010 コーディネーション委員会の機能尺度の検討 日本学校心理学会第12回大会プログラム・発表抄録集, 37

 

24      伊賀美夕季・石隈利紀 2010 特別支援学校教師のチームでの指導・援助に関する研究 日本学校心理学会第12回大会発表論文集,52

 

25      大矢正則・石隈利紀 2010 高等学校における「援助者となる体験学習」に関する研究(1) ―体験記分析による体験の概念化― 日本学校心理学会第12回大会発表論文集, 47

 

26      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀2009中学生の被援助志向性と自尊感情,学校生活享受感,援助要請スキルの関連の検討 日本教育心理学会第51回大会発表論文集, 89

 

27      山口豊一・家近早苗・樽木靖夫・石隈利紀2009中学校におけるチーム援助体制尺度の作成

 

28      山崎優子・石隈利紀2009不登校生への不登校要因のアセスメントと対応について~石隈・田村式援助シートを使用した情報収集 日本学校心理学第11回大会発表論文集, 22

 

29      石隈利紀・河村茂雄・品田笑子・粕谷貴志・本田恵子・青戸泰子・田上不二夫2008子どもを育むカウンセリング 日本カウンセリング学会第41回大会論文集, 24 大会準備委員会企画シンポジウム

 

30      小玉正博・田上不二夫・石隈利紀・松井豊・大川一郎・岡田昌毅・濱口佳和・田中輝美・湯川進太郎・下山晃司・高橋幸子2008 若年無業者とその家族・社会的特徴に関する総合調査(1) ―本調査の枠組と若年無業者の実態について― 日本カウンセリング学会第41回大会論文集, 133

 

31      湯川進太郎・小玉正博・田上不二夫・石隈利紀・松井豊・大川一郎・岡田昌毅・濱口佳和・田中輝美・下山晃司・高橋幸子2008若年無業者とその家族・社会的特徴に関する総合調査(2) ―家族の実態と仕事に対する考え方―  日本カウンセリング学会第41回大会論文集, 134

 

32      高橋幸子・松井豊・小玉正博・田上不二夫・石隈利紀・大川一郎・岡田昌毅・濱口佳和・田中輝美・湯川進太郎・下山晃司2008若年無業者とその家族・社会的特徴に関する総合調査(3) ―若年無業者を抱える家族の相談状況 ― 日本カウンセリング学会第41回大会論文集, 135

 

33      岡田昌毅・小玉正博・田上不二夫・石隈利紀・松井豊・大川一郎・濱口佳和・田中輝美・湯川進太郎・下山晃司・高橋幸子2008若年無業者とその家族・社会的特徴に関する総合調査(4) ―若年無業者支援施設の支援活動とその効果― 日本カウンセリング学会第41回大会論文集, 136

 

34      下山晃司・小玉正博・田上不二夫・石隈利紀・松井豊・大川一郎・岡田昌毅・濱口佳和・田中輝美・湯川進太郎・高橋幸子2008若年無業者とその家族・社会的特徴に関する総合調査(5) ―英国におけるNEET本人およびその家族への支援の実態― 日本カウンセリング学会第41回大会論文集, 137

 

35      坂井優里・石隈利紀 2009 小・中学校の教師の問題状況の捉え方から援助までのプロセスに関する一考察, 日本学校心理学会第11回大会発表論文集,33

 

36      川口英一・石隈利紀 2009 高校における副校長・教頭による支援に対する教員の意識 日本学校心理学第11回大会発表論文集, 31.

 

37      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2009 中学生の悩みの相談の実態―相談経験の有無、悩みの深刻さ、相談時期からみた援助要請行動の特徴― 日本学校心理学会第11回大会発表論文集,13

 

38      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2009 不登校生への不登校要因のアセスメントと対応について~石隈・田村式援助シートを使用した情報収集 日本学校心理学第11回大会発表論文集, 22

 

39      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2008 中学生の悩みの経験、援助要請行動が学校適応に与える影響―ストレス反応と学校生活享受感を用いた縦断的検討 722

 

40      岩本豊一・石隈利紀 2008 幹部自衛官のビリーフが不安・抑うつ・怒りに与える影響 日本学校心理学会第10回大会プログラム・発表抄録集, 37

 

41      家近早苗・石隈利紀 2008 コーディネーション委員会への管理職の参加が学校全体の援助サービスに与える影響(Ⅱ)日本学校心理学会第10回大会プログラム・発表抄録集, 34

 

42      Honda, M., Arai, K., Ishikuma, A. 2007 The Relationship between Evaluations of Help and Perceived Social Support.The 3rd AsianCongress of Health Psychology, 61.

 

43      服部環・青山真二・石隈利紀・小野純平・熊谷恵子・濱口晴美・藤田和弘・藤原圭子 2007 日本版K-ABCの因子・平均構造モデル 日本教育心理学会第49回大会発表論文集, 392.

 

44      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2007中学生用援助要請スキル尺度の作成 日本教育心理学会第49回大会発表論文集, 722.

 

45      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2007 中学生の援助要請スキルと実行されたサポートの関連の検討 日本心理学会第71回大会発表論文集, 308.

 

46      大澤薫・石隈利紀 2007 中学校教師の同僚や管理職に対するとらえ方およびコミュニケーションスキルが教師の教育活動のモラールに与える影響 日本学校心理学第9回大会発表論文集, 30.

 

47      相楽直子・下山晃司・石隈利紀 2007 高校生を対象とした心理学講習会の実習と効果について―1次的援助サービスの充実を図るプログラムの検討― 日本学校心理学第9回大会発表論文集, 26.

 

48      熊谷恵子・田中輝美・下山晃司・石隈利紀・平田佳弘・竹内義晴 2007 ライフ・スキルを高める心理学の授業開発の試み 日本学校心理学第9回大会発表論文集, 25.

 

49      水野治久・山口豊一・石隈利紀 2007 中学生のスクールカウンセラーに対する接触経験が被援助志向性に及ぼす影響 日本学校心理学第9回大会発表論文集, 23.

 

50      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2007 中学生の悩みに対する実行されたサポートと援助評価の関連の検討 日本学校心理学会第9回大会発表論文集,21.

 

51      宮内静枝・石隈利紀 2007  中学生の友だちへのかかわり方とグループの機能が学校享受感に与える影響 日本学校心理学第9回大会発表論文集, 20.

 

52      山崎優子・石隈利紀 2007 小学生のとらえる学習スタイルと教授スタイルのマッチングが適応感に与える影響 日本学校心理学第9回大会発表論文集, 17.

 

53      石隈利紀 2006 学級集団の開発を目的とした心理教育プログラムの実際 日本教育心理学会第48回総会準備委員会企画シンポジウム  指定討論者97 木原美妃・石隈利紀 2007 アメリカ合衆国におけるIEP作成とRTI実践 日本学校心理学第9回大会発表論文集, 11.

 

54      湯浅俊夫・石隈利紀2006予備校における小論文教育が受験生の自己効力感・進路意識に与える影響 ―自分や社会について考える力の育成を通して― 日本学校心理学第8回大会発表論文集, 31.

 

55      坂井優里・石隈利紀 2006 小・中学校の教師の問題状況の捉え方から援助までのプロセス ―概念の生成に焦点をあてて― 日本学校心理学第8回大会発表論文集, 23.

 

56      家近早苗・石隈利紀 2006 中学生の非行に関する援助 ―コーディネーション委員会とチーム援助との関連に焦点をあてて― 日本学校心理学第8回大会発表論文集, 17.

 

57      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2006 中学生の非行に関する援助 ―コーディネーション委員会とチーム援助との関連に焦点をあてて― 日本学校心理学第8回大会発表論文集, 17.

 

58      横島義昭・鴨志田和子・石隈利紀 2006 学校心理学を踏まえた学校カウンセリング体制づくりの実践―キャンパスエイドや「心理学」の取り組み ―日本学校心理学第8回大会発表論文集, 14.

 

59      田村修一・石隈利紀 2006中学校教師の被援助志向性に影響を与える内的・外的要因の検討 ―コミュニケーション・スキル,校長のリーダーシップ,職場風土に焦点をあてて― 日本教育心理学会第48回大会発表論文集, 621.

 

60      坂井優里・石隈利紀 2006 小・中学校の教師の問題状況の捉え方から援助までのプロセス 日本教育心理学会第48回大会発表論文集, 371.

 

61      水野治久・山口豊一・石隈利紀 2006 スクールカウンセラーに対する被援助志向性尺度の開発 日本教育心理学会第48回大会発表論文集, 277.

 

62      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2006 中学生の援助に対する評価尺度(援助評価尺度)の作成(1)― 探索的因子分析と被援助後の感情との関連の検討― 日本カウンセリング学会第39回大会発表論文集, 241.

 

63      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2006 中学生の援助に対する評価尺度(援助評価尺度)の作成(2)―自己効力感・自尊感情との関連の検討― 日本学校心理学会第8回大会発表論文集, 15.

 

64      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2006 中学生の悩みの経験,援助要請行動が学校適応に与える影響 日本教育心理学会第48回大会発表論文集, 722.

 

65      本田真大・新井邦二郎・石隈利紀 2006中学生の悩みの経験,援助要請行動,援助に対する評価(援助評価)が学校適応に与える影響 日本心理学会第70回大会発表論文集, 1133.

 

66      Honda, M., Arai, K., Ishikuma, T.2005 The investigation of the factor structure model for a Japanese version of the Scale for Evaluations of Help for junior high school students.   International Congress of Psychotherapy in Japan and The Third International Conference of Asian Federation for Psychotherapy, 102.

 

67      石隈利紀2005各学校段階における学校心理士の実践 日本教育心理学会第47回総会準備委員会企画シンポジウム指定討論者

 

68      相楽直子・石隈利紀2005 援助チームにおけるコーディネーションに関する検討 ―別室登校の生徒の事例を通して― 日本学校心理学第7回大会発表論文集,28.

 

69      田村修一・石隈利紀 2005 中学校教師の被援助志向性に影響を与える内的・外的要因の検討 ―コミュニケーション・スキル、校長のリーダーシップ、職場風土に焦点をあてて ―日本学校心理学第7回大会発表論文集, 20.

 

70      水野治久・山口豊一・家近早苗・飯田順子・石隈利紀 2005 学校心理学と教育現場 ―ツールとしての学校心理学に焦点を当てて― 日本教育心理学会第47回総会発表論文集 S58-59 

 

71      山口豊一・柴橋祐子・石隈利紀 2005 教師の悩みの相談相手および被援助志向性の関する学校心理学的研究2 ―ある中学校におけるスクールカウンセラー介入による縦断的調査結果― 日本カウンセリング学会第38回大会論文集  363-364 

 

72      本田真大・石隈利紀・新井邦二郎2005 中学生の悩みの経験,援助要請行動,対人関係適応感の関連の検討 日本教育心理学会第47回大会発表論文集, 654.

 

73      石隈利紀2004 学校における開発的カウンセリングの実際 日本教育心理学会第46回総会準備委員会企画シンポジウム指定討論者

 

74      飯田順子・石隈利紀・山口豊一 2004学校生活スキルに関する研究-学校生活スキル尺度(小学生版)の開発 日本学校心理学第6回大会発表論文集.

 

75      石川満佐育・石隈利紀・濱口佳和 2004他尊感情と自尊感情が自己表現に与える影響 日本教育心理学会第46回大会発表論文集, 474.

 

76      本田真大・石隈利紀・新井邦二郎 2004 中学生の対人関係に対するビリーフが援助要請行動,適応感に与える影響 日本教育心理学会第46回大会発表論文集, 263.

 

77      山口豊一・飯田順子・石隈利紀 2004 生活スキルに関する研究③―学校生活スキル尺度(高校生版)の開発 日本教育心理学会第46回総会論文集 540

 

78      飯田順子・石隈利紀・山口豊一 2004 生活スキルに関する研究②―学校生活スキル尺度(中学生版)の再検討日本教育心理学会第46回総会論文集 539

 

79      山口豊一・柴橋祐子・古池若葉・石隈利紀2003教師の悩みの相談相手および被援助志向性に関する学校心理学的研究―ある公立中学校におけるスクールカウンセラー介入による縦断的調査結果から― 日本カウンセリング学会第37回大会論文集 192-193 

 

80      水野治久・石隈利紀・田村修一 2003 中学生の適応尺度の開発と適応領域の構造 日本学校心理学第5回大会発表論文集, 1.

 

81      水野治久・田村修一・足立由美子・山口豊一 2003 中学生の援助不安と自尊感情に関する学校心理学的研究 日本カウンセリング学会第36回大会論文集157

 

82      柴橋祐子・山口豊一・石隈利紀 2003 教師の被援助志向性志向性とSCへの相談ニーズに関する学校心理学的研究日本カウンセリング学会第36回大会論文集126

 

83      石隈利紀・柴橋祐子・山口豊一 2003 生徒の悩みに関する学校心理学的研究(3) ―相談相手の視点から― 日本教育心理学会第45回総会論文集 417

 

84      山口豊一・石隈利紀・柴橋祐子2003 生徒の悩みに関する学校心理学的研究(2) ―学校不適応感の視点から― 日本教育心理学会第45回総会論文集416

 

85      柴橋祐子・山口豊一・石隈利紀 2003 生徒の悩みに関する学校心理学的研究(2) ―学校不適応感の視点から ―日本教育心理学会第45回総会論文集416

 

86      水野治久・石隈利紀・田村修一 2002中学生の被援助志向性に関する研究 日本学校心理学第4回大会発表論文集, 7.

 

87      茨木俊夫・河村茂雄・石隈利紀・松村茂治・鵜養啓子・大野精一・國分康孝2002教師サポートを考える 大会準備委員会企画シンポジウム 日本カウンセリング学会第35回大会発表論文集 21

 

88      河村茂雄・諸冨祥彦・岡田弘・大友秀人・品田笑子・苅間澤勇人・加勇田修士・國分康孝・石隈利紀・片野智治2002教師のサポートの必要性と実際―実践団体の活動報告から考える― 自主シンポジウム指定討論者 日本カウンセリング学会第35回大会発表論文集 27

 

89      石隈利紀 事例研究会座長 日本カウンセリング学会第35回大会発表論文集 36-38

 

90      飯田順子・石隈利紀2002学校ストレスモデルにおける学校生活スキルの影響 日本カウンセリング学会第35回大会発表論文集 189

 

91      山口豊一・石隈利紀 2002高校生の悩みに関する学校心理学的研究(2) 日本カウンセリング学会第35回大会論文集257

 

92      山口豊一・石隈利紀2001中学生徒の悩みに関する学校心理学的研究(1)日本カウンセリング学会第34回大会論文集 446-447

 

93      横島義昭・石隈利紀・山口豊一 2000 スクールカウンセラー活用に関する学校心理学的研究(3)日本教育心理学会第42回総会論文集

 

94      石隈利紀・山口豊一・横島義昭2000 学習意欲を高める授業実践に関する学校心理学的研究 日本教育心理学会第42回総会論文集

 

95      山口豊一・石隈利紀・横島義昭2000 児童生徒の学習支援における学校心理士の役割と課題シンポジウム話題提供者―児童生徒の学習支援の実際― 日本教育心理学会第42回総会論文集本教育心理学会第42回総会論文集

 

96      石隈利紀・小野瀬雅人・篠田晴男・宮本友弘・横島義昭・関根たまえ・山口豊一 2000 学校週5日制に対応した学習指導に関する学校心理学的研究(1)―小・中・高等学校の教師の援助ニーズを中心に  日本教育心理学会第42回総会発表論文集,89.日本教育心理学会第42回総会発表論文集,89.

 

97      篠田晴男・小野瀬雅人・石隈利紀・宮本友弘・山口豊一・横島義昭・関根たまえ2000 学校週5日制に対応した学習指導に関する学校心理学的研究(1)―小・中・ 高校生の保護者の援助ニーズを中心に 日本教育心理学会第42回総会発表論文集,88.

 

98      小野瀬雅人・石隈利紀・篠田晴男・宮本友弘・関根たまえ・山口豊一・横島義昭 2000学校週5日制に対応した学習指導に関する学校心理学的研究(1)―小・中・ 高等学校の児童生徒の援助ニーズを中心に  日本教育心理学会第42回総会発表論文集,87.

 

99      石隈利紀2000学校心理学と臨床心理学の交流 日本教育心理学会第42回総会発表論文集,S14. 日本教育心理学会第42回総会発表論文集,S14.

 

100     水野治久・石隈利紀 1999 アジア系留学生のソーシャルサポートと適応,被援助志向性の関連 日本教育心理学会第41回総会発表論文集 533

 

101     三浦美智子・横島義昭・難波博子・小野瀬雅人・石隈利紀1999 中学生・高校生のもつ悩みに関する学校心理学的研究(2) 日本教育心理学会第41回総会発表論文集,565. 日本教育心理学会第41回総会発表論文集,565.

 

102     今田里佳・ 須々木真紀子・関根たまえ・田村節子・大関健太・小野瀬雅人・石隈利紀 1999 中学生・高校生のもつ悩みに関する学校心理学的研究(1)日本教育心理学会第41回総会発表論文集,564.

 

103     水野治久・石隈利紀 1999アジア系留学生の援助に対する意識と被援助志向性に関する研究 日本カウンセリング学会第32回大会論文集,263-264.

 

104     石隈利紀・横島義昭・山口豊一1999 小学校・中学校・高校の授業に関する学校心理学的研究(3)―自由記述から見た授業における教師の4つのサポート―  日本カウンセリング学会第32回大会論文集,271-272.

 

105     山口豊一・横島義昭・石隈利紀1999小学校・中学校・高校の授業に関する学校心理学的研究(2)―授業における人間関係と学習意欲の関係―  日本カウンセリング学会第32回大会論文集, 269-270.

 

106     横島義昭・山口豊一・石隈利紀1999小学校・中学校・高校の授業に関する学校心理学的研究(1)―授業における人間関係と学習意欲の調査より― 日本カウンセリング学会第32回大会論文集,267-268.

 

107     石隈利紀 1999 学校心理学から見た学校・教師支援とコミュニティ心理学 ―相互コンサルテーションを中心に―日本心理学会第63大会発表論文集,S47.

 

108     山口豊一・横島義昭・石隈利紀1998学校教育相談を生かした授業のあり方の研究田―児童生徒および教師の意識調査を通して― 日本カウンセリング学会第31回大会論文集,44-45.

 

109     関根たまえ・難波博子・今田里佳・小野瀬雅人・石隈利紀・福沢周亮1998スクールカウンセラーの役割に関する学校心理学的研究(2)―小学生を対象としたニーズ調査の結果より― 日本教育心理学会第40回総会発表論文集,363.

 

110     横島義昭・大野精一・三浦美智子・石隈利紀1998スクールカウンセラーの役割に関する学校心理学的研究(1)―高校生を対象としたニーズ調査の結果より― 日本教育心理学会第40回総会発表論文集,362.

 

111     三浦美智子・石隈利紀1998スクールカウンセラーの役割に関する学校心理学的研究(1)―高校生を対象としたニーズ調査の結果より― 日本教育心理学会第40回総会発表論文集,362.

 

112     田村節子・石隈利紀1998教師・保護者・スクールカウンセラーの援助チームに関する学校心理学的研究 日本教育心理学会第40回総会発表論文集,360.

 

113     石隈利紀1997スクールカウンセラーは学校教育に必要か 平成9年度日本教育大学協会研究集会・全体討議要旨,163-166.

 

114     岡田佳恵・石隈利紀1997 歪んだ認知が看護婦のバーンアウトに及ぼす影響 日本カウンセリング学会第30回大会論文集

 

115     石隈利紀・片野智治・岡田弘・半田一郎1997 シンポジウム:個人への支援と集団への支援のミキシング 日本カウンセリング学会第30回大会論文集

 

116     石隈利紀1997日本心理学会60周年記念シンポジウム:21世紀の心理学の構築をめざして―学校心理学の立場から―日本心理学会第61回大会発表論文集

 

117     勝倉孝治・坂野雄二・杉江征・嶋田洋徳・木澤 弘・神村栄一・石隈利紀 1996 シンポジウム:不登校やいじめの問題を学校ストレスという観点から考える日本教育心理学会第38回総会発表論文集,80-81.

       

118     藤田和弘・石隈利紀・江口悠・熊谷恵子・青山真二 1996 シンポジウム:障害児の心理・教育アセスメントと個別指導計画の作成 ―K-ABCを中心に― 日本教育心理学会第38回総会発表論文集,72-73

 

119     横島義昭・石隈利紀・小野瀬雅人・大関健道・難波博子・大野精一・半田一郎1996 シンポジウム:中学生・高校生がスクールカウンセラーに求める援助をめぐって 日本教育心理学会第38回総会発表論文集,76-77.

 

120     石隈利紀・小野瀬雅人・玉瀬耕治・下山晴彦・福沢周亮1996 シンポジウム:学習心理学・発達心理学・臨床心理学の学校心理学への貢献 日本教育心理学会第38回総会発表論文集,50-51.

 

121     石隈利紀1996教師・スクールカウンセラー・保護者の連携をめざして ―学校心理学の枠組みから―   日本心理学会第60回大会発表論文集

 

122     吉  洪・石隈利紀1996ビリーフ・システムと学習態度・意欲からみた中国人留学生の異文化適応 

        日本カウンセリング学会第29回大会論文集

 

123     石隈利紀・小野瀬雅人・篠田晴男・宮本友弘・大野精一1995児童・生徒の発達に対する心理教育的援助サービスのニーズに関する学校心理学的研究(1)日本教育心理学会第37回総会発表論文集

 

124     小野純平・石隈利紀・前川久男・藤田和弘・松原達哉1994日本版K-ABCにおける構成概念的妥当性に関する研究 日本心理学会第58回大会発表論文集, 426.

 

125     山中克夫・小野純平・石隈利紀・前川久男・藤田和弘・松原達哉1994日本版K-ABCの臨床的適用に関する基礎的研究(2)―複数の下位検査によって測定される能力、 影響因の信頼性に関する検討日本教育心理学会第36回総会発表論文集, 487.

 

126     小野純平・山中克夫・石隈利紀・前川久男・藤田和弘・松原達哉1994日本版K-ABCの臨床的適用に関する基礎的研究(1)-構成概念的妥当性に関する検討 日本教育心理学会第36回総会発表論文集, 486.

 

127     小野純平・松原達哉・藤田和弘・前川久男・石隈利紀1993 日本版K-ABC構成概念的妥当性に関する検討 日本教育心理学会第35回総会発表論文集, 538.

 

128     藤田和弘・松原達哉・前川久男・石隈利紀1993 K-ABC日本版標準化に関する研究(2)―同時処理検査項目の検討― 日本教育心理学会第35回総会発表論文集, 537.

 

129     松原達哉・藤田和弘・前川久男・石隈利紀1993 K-ABC日本版標準化に関する研究(1)―継次処理検査項目の検討― 日本教育心理学会第35回総会発表論文集,536.

 

130     石隈利紀・長谷川浩一・桜井博子・森浩子1993日本人大学生のイラショナル・ビリーフの因子構造について(2)-Ellisの主張する3因子による分析を中心に 日本教育心理学会第35回総会発表論文集, 372.

 

131     石隈利紀・長谷川浩一・森浩子・桜井博子1993日本人大学生のイラショナル・ビリーフの因子構造について(1)-JIBTの再検討を通して日本教育心理学会第35回総会発表論文集, 371.

 

132     石隈利紀1993学校心理学-学校教育へのアプローチ 日本教育心理学会第35回総会発表論文集, S48-S49.

 

133     大六一志・小林重雄・藤田和弘・前川久男・石隈利紀 1992日本版WAIS-R成人知能検査の短縮版 ―FIQを推定する短縮版について― 日本教育心理学会第34回総会発表論文集, 508.

 

134     服部兼敏・岩坪奇子・三澤義一・藤田和弘・前川久男・石隈利紀1992 WAIS-Rの身体障害者への適用について(2)―障害別結果― 日本教育心理学会第34回総会発表論文集, 506.

 

135     岩坪奇子・服部兼敏・三澤義一・藤田和弘・前川久男・石隈利紀1992 WAIS-Rの身体障害者への適用について(1)―臨床場面における問題点― 日本教育心理学会第34回総会発表論文集, 505.

 

136     石隈利紀 1991アメリカにおけるスクール・サイコロジスト 日本教育心理学会第33回総会発表論文集, 801-802.

 

137     石隈利紀 1991わが国におけるスクール・サイコロジスト実現の可能性 日本教育心理学会第33回総発表論文集, S7-S8. 

 

138     石隈利紀・國分久子・國分康孝1991カウンセリングにおける三種類の人間関係 ― Being-In,  Being-For,  Being-With ― 日本カウンセリング学会第24回発表論文集

 

139     Moon, S., Kaufman, A. S., & Ishikuma, T.1989  Factor analisis of the Kaufman   Assessment Battery for Children--Spanish (K-ABC-S) for age 3 through 12 1/2 years. Proceedings of the Annual Meeting of Mid-South Educational Research Association.  Little Rock, AR.

 

140     小野純平・藤田和弘・前川久男・大六一志・石隈利紀1989低知能児のプロフィール分析に関する検討 日本特殊教育学会第27回発表論文集,

 

141     前川久男・松原達哉・藤田和弘・石隈利紀1988 障害児の情報処理からの診断(2)―Kaufman Assessment Battery for Children  (K-ABC)による ― 日本特殊教育学会第26回発表論文集, 268-269.

 

142     松原達哉・前川久男・藤田和弘・石隈利紀1988 障害児の情報処理からの診断(1)―Kaufman Assessment Battery for Children  (K-ABC)による―日本特殊教育学会第26回発表論文集, 266-267.

 

143     松原達哉・前川久男・藤田和弘・石隈利紀1988 Kaufman Assessment Battery for  Childrenによる情報処理様式からの知能の測定 ―理論的背景を中心にして― 日本教育心理学会第30回総会発表論 文集,  884-885. 日本教育心理学会第30回総会発表論文集, 884-885.

 

144     藤田和弘・前川久男・松原達哉・石隈利紀1988我国の子どもへのK-ABCの適用について ―因子分析的検討― 日本教育心理学会第30回総会発表論文集, 882-883.

 

145     Kaufman, A. S, McLean, J.E., Ishikuma, T., & Moon, S.1987 Integration  of the literature on the intelligence of Japanese children and analysis of the data from a sequential and imultaneous model. Proceedings of the Annual Meeting of Mid-South Educational Research Association.  Mobil, AL.

 

146     Ishikuma, T, Moon, S., & Kaufman, A. S 1986 Analysis of Japanese children's performance on the Japanese McCarthy Scales from a sequential-simultaneous perspective. Proceedings of the Annual Meeting of Mid-South Educational Research Association.  Memphis, TN.

 

147     Blackmon,  C., Blackwell, T. & Ishikuma, T.1985 Japanese for 3-5-year olds. Tenth International Conference of the Society for Accelarative Learning and Teaching, Washington, D.C.

 

148     Moon, S., Ishikuma, T., & Kaufman, A. S. 1986 Joint factor analysis of the K-ABC and McCarthy.Proceedings of the Annual Meeting of Mid-South  Educational Research Association.  Memphis, TN.

 

149     Blackmon,  C., Turner, K. & Ishikuma,T.1985 A small world: Japanese with early childhood education group. Tenth International Conference of the Society for Accelarative Learning and Teaching, Washington, D.C.Blackmon, C. & Ishikuma,T.1985 A small world: Teaching Japanese in preschool.Conference of Alabama Association for Young Children, Montgomery, AL.

 

Ishikuma,T 2018 School Psychology in Japan by the team of teachers, parents, and school counselor. Keynote speech presented at the ISPA 2018 Tokyo Confrence, Tokyo, Japan


石隈利紀 2018 発達課題に応える教育カウンセリング~チーム学校の促進を通して~ 日本教育カウンセリング学会研究発表大会記念講演 名古屋


石隈利紀 2018 チーム学校で促進する学校メンタルヘルス~学校心理学の立場から~ 日本学校メンタルヘル学会第22回大会記念講演 早稲田大学


石隈利紀 2018 チーム学校における学校教育相談の発展~レジリエンスとキャリアを促進する~ 第30回茨城学校教育相談研究会研究大会記念講演 水戸


石隈利紀 2017 すべての子どものための心理教育的援助サービス~「チーム学校」を通して~ 日本学校心理学会第19回つくば大会講演


石隈利紀 2017 公認心理師の誕生と学校心理士のこれから 日本学校心理士会2017年度大会講演


石隈利紀 2017 日本における心理アセスメントの変遷~公認心理師誕生にむけて~ 日本KABCアセスメント学会 法政大学


石隈利紀 2017 ともに育む哲学的対話~レジリエンスの視点~ 第6回親、教師、言語聴覚士のための吃音講習会講演


石隈利紀 2016 チーム学校における学校保健学への期待~学校心理学の視点~ 2016年一般社団法人日本学校保健学会第63回学術大会 筑波大学


石隈利紀 2016 教師・保護者・スクールソーシャルワーカー・スクールカウンセラーの連携によるチーム学校~学校心理学の視点から~ 日本学校ソーシャルワーク学会第11回全国大会 法政大学


石隈利紀 2016 すべての子どもを援助する学校教育相談~「チーム学校」の中核として~ 北海道学校教育相談研究大会講演


石隈利紀 2015 多様な援助ニーズに応える学校心理学 日本学校心理学会第17回大会講演


石隈利紀  2013  ~子ども・教師・保護者を活かす学校づくり~ 日本学校心理学会第15回大会記念講演


石隈利紀  2012  今学校心理士ができる子ども・学校支援 ~危機の共有・責任の共有・希望の共~ 日本学校心理士会2012年度大会基調講演


石隈利紀  2012 つながる力が子どもを育てる ~今、求められるチーム援助の姿~(理論編)  日本学校心理学会第14回大会記念講演


石隈利紀  2011  すべての子どもを育てる学校・コミュニティづくり ~東日本大震災での子ども・学校援助に焦点をあてながら~ 日本学校心理学会第13回大会記念講演


石隈利紀  2011  発達障害のある子どもの「学習」を支援する~大震災における子ども・学校支援を進めながら 日本LD学会第20回大会会長講演


石隈利紀  2011  子どもも大人も元気になる学校づくり ~東日本大震災での子ども・学校援助に焦点をあてながら~ 全国学校教育相談研究会全国大会記念講演


石隈利紀・家近早苗・田村節子・山口豊一  2011  日本における学校心理学 華南師範大学学校心理健康教育研究大会招待講演


石隈利紀  2010  一人の援助がみんなの援助 兵庫県情緒障害研究大会記念講演


石隈利紀  2010  みんなの援助が一人の援助 ~すべての子どもを援助する学校づくりをめざして 日本学校心理学会第12回大会記念講演


石隈利紀  2009  学校心理士の新しいアイデンティティを創出する~学校心理士のNEXT 10をめざして 日本学校心理士会 2009年度大会基調講演


石隈利紀  2009  子どもが伸びる学校心理学の最前線 日本学校心理学会第11回大会


石隈利紀  2008  全国特別支援教育フォーラム鼎談 文部科学省20


石隈利紀  2008  一人の支援が みんなの支援 日本学校心理学会第10回大会記念講演


石隈利紀・永松裕希  2008  特別支援教育~子どもの援助学級の援助  日本学校心理士会2008年度大会基調講演


石隈利紀  2008  すべての子どもを援助する特別支援教育 ~チーム援助に焦点をあてて~ 兵庫県情緒障害研究大会記念講演


Kaufman, Nadeen L.・隈利紀・上野一彦・染木史緒  2008  子どもを援助する「アセスメントレポート」の賢い書き方(日本学校心理士会主催研修会1) 日本教育心理学会総会発表論文集,  s50


Kaufman, Alan S.・上野一彦・石隈利紀  2008  21世紀の"賢いアセスメント" 日本教育心理学会総会発表論文集


石隈利紀  2007  学校心理士の可能性と課題 日本学校心理士会2007年度大会基調講演


Ishikuma, T  2007  School Psychology in Japan. San Diego State University Department of School Psychology and Counseling.


石隈利紀  2006  学校心理学の最前線~これからの心理教育的援助サービス  日本学校心理学会第8回大会講演


石隈利紀  2005  一人ひとりの子どもの教育ニーズに応じる「チーム援助」の意義と実際 ~みんなが資源 みんなで支援~  第27回愛媛県障害児教育研究大会講演


石隈利紀  2005  フーテンの寅さんと釣りバカのハマちゃんに学ぶ「助け上手・助けられ上手」の心理学 平成17年度茨城県学校教育相談研究会記念講演会


石隈利紀  2005  フーテンの寅さんと釣りバカのハマちゃんに学ぶカウンセリングのこころ 日本産業カウンセラー協会第35回全国研究大会講演


石隈利紀  2004  援助者のための論理療法入門 ―子どもとも自分とも柔らかくつきあうために― 日本学校心理学会第6回大会記念講演


石隈利紀  2002  一人ひとりの子どもの発達を支えるために ~フーテンの寅さんと釣りバカのハマちゃんから学ぶチーム援助 日本進路指導学会大会講演


石隈利紀  2002  フーテンの寅さんと釣りバカのハマちゃんに学ぶ・助けられ上手・助け上手の心理学―家族・学校・地域のチーム援助をめざして― 日本学校心理学会第4回大会記念講演


石隈利紀  2001  学校カウンセリングの現状と課題  ― 一人ひとりの子どもの力と援助ニーズに応じる学校教育サービスをめざして―  明治学院大学心理臨床センター記念講演


石隈利紀  1999  日本における学校心理学の展望         日本学校心理学研究会設立記念講演


石隈利紀  1996  学校心理学とスクールカウンセリング  ― 一人ひとりの児童生徒を生かす学校教育をめざして― 日本教育心理学会第38回総会公開基調講.2


石隈利紀  1991  カウンセリングにおける三種類の人間関係  ― 日本カウンセリング学会第24回大会基調